自分を客観視することで向上と脱皮の道が開かれる

催眠

精神科医である岡田尊司さんの、「なぜいつも似たような人を好きになるのか」という本はおすすめです。恋愛とか結婚に関心のあるなしに関係なく、この本はあなたの愛着スタイルに気づきを与えます。それは人生全般での人とのかかわり方を好転させるきっかけになります。

 

 

対人関係に関して、あなたが「出来ない」と決め付けている、問題がこの本から学ぶことでかなり解消されます。本書の「愛着スタイル自己診断シート」を是非試してみてください。自己採点の結果を出してみることで自分を客観視できます。すると、愛着の安定、不安、回避、未解決などのバランスがわかります。「パーソナリティ自己診断シート」も是非試してみてください。

 

 

すると、回避性、依存性、強迫性、自己愛性、反社会性、境界性、演技性、アスペルガー、妄想性、などのバランスがわかります。愛着障害の要素が完全にない人というのは少ないです。わずかながらどこかにあてはまります。すると、「わたしは不安と回避の要素が大きいんだな」とか、あるいは、「パーソナリティタイプは、妄想性、境界性、回避性がめだつなあ」というように自己分析ができるのです。

 

 

今の自分を客観視することは、これからの自分の進化する方向性を見定めるきっかけになります。登山をするにも、今、自分が山の中のどの位置にいるか、見極めると道に迷わずに山頂をめざせるのと同じことです。客観視は、絶望のためにするのではなく、希望のためにするのです。誰もが魂を磨くという登山の途中にいて、それは例外のないことです。

 

 

永遠に生まれ変わりながら、頂上をめざしていくのです。本書で、いくつかの重大なる気づきを得るでしょう。本の内容からは恋愛だけでなく人間関係の有様を学び、人情の機微を実例から学ぶことができます。それはあなたが出会う新しい人のご縁を活かし、魂の伴侶との幸せな恋愛や結婚生活をよりよくするヒントとなり、学びとなるのです。

 

 

自分の愛着スタイルやパーソナリティが自覚されるということが大事です。例えば、妄想性タイプの人は、自分を不幸にする思い込みをわざわざ作るという悪習慣があるため、苦難を引き寄せやすい傾向があります。このような資質とは、前世から引きずってきた悪癖であり、決して今生の要因だけでそうなったのではないのです。

 

 

だからこそ、これを今生では軌道修正して、「良き思い込み」「良き決めつけ」をしていくことで、結果的に良い環境や人生を自分に引き寄せるという生き方を目指しましょう。新しいより良い在り方を今生で会得するのが生まれてきた最大の課題なのですから。自分の愛着スタイルを自覚し、パーソナリティスタイルを自覚することは、自己向上の大いなる助けとなり、羅針盤ともなるのです。

 

 

魂向上実践塾に参加されると、さらにさまざまな知識を習得して、自己改革を促進することができます。

 

【みんなで開運しよう!魂向上実践塾】

TOPへ