スウェーデンボルグ

スウェーデンボルグ

幽体離脱によって自由に霊界を旅行できたスウェデンボルグ。ベールに隠された霊界の姿を詳細に書き残しています。

エマヌエル・スウェデンボルグ

霊界についてはじめて詳細な研究を残した歴史上の人物といえば、エマヌエル・スウェデンボルグです。彼は1688年、ウプサラ大の神学教授の息子としてストックホルムに生まれました。1772年に84年の生涯を終えるまで、エマヌエル・スウェデンボルグは、科学と宗教の両面において人類に遺産を残しました。その前半生を科学者、政治家、後半生を神学者として活動し、多数の業績を残しています。科学者としても、業績が多くあり、天文学・宇宙論・解剖学・生理学・機械工学・数学・鉱山学といった分野で、この時代における先駆的な研究と発見をたくさん残しています。また、エマヌエル・スウェデンボルグは鉱物学者として、スウェーデン鉱山局に籍を置き30年にわたって研究活動を行いました。

 

前半生はきわめて科学的な世界に生きたエマヌエル・スウェデンボルグ

52歳になった頃から、霊能力のようなものが生じ、神霊を幻視する神秘体験を重ねるようになりました。1745年4月、エマヌエル・スウェデンボルグはロンドンにおいてキリストを幻視しています。キリストが現れ、エマヌエル・スウェデンボルグにこう語ったのです。「人々に聖書の霊的内容を啓示するためにあなたを選びました。」こうして、エマヌエル・スウェデンボルグは、たびたび幽体離脱をしては霊界へ赴き、その探訪の体験を書き記しました。意識だけが肉体を離れて、異世界に飛んでいく、幽体離脱という方法で、霊界探訪を繰り返し、この体験に基づく膨大な著作を残しています。この霊界探訪の膨大な記録には、一貫して、エマヌエル・スウェデンボルグの科学者としての冷静な観察の姿勢が維持され、その解説内容と世界観には、読む人を納得させうる整合性があります。霊界探訪日記は大英博物館に収蔵されています。

 

カントもエマヌエル・スウェデンボルグの著書を絶賛

同時代の哲学者カントが、エマヌエル・スウェデンボルグの著書のことを「これ以上理性的な本はないくらいである」と述べています。エマヌエル・スウェデンボルグは、自分の死期も予言し、83歳で、予告通りの日に亡くなりました。スウェーデンボルグの思想の影響は多岐に及び、さまざまな神霊家や政治家、思想家に影響を与えています。その中には、イェイツ、エマーソン、バルザック、ボードレール、ヘレンケラー、リンカーンなどの著名人がいます。スウェーデンボルグの思想を研究し、普及せんとする人々が彼の死後、現れています。ロンドンには、スウェデンボルグ協会(Swedenborg Society)があります。ドイツではチューリヒのSwedenborg Verlagが、研究、実践団体として存在します。アメリカにも、1850年設立のスウェデンボルグ財団が、存続しています。

内村鑑三もエマヌエル・スウェデンボルグの影響を受けた

日本人では内村鑑三や鈴木大拙がアメリカ留学中にスウェデンボルグの思想の影響を受けています。平成の時代に入っても、経営の神様の異名を持つ故、船井幸雄氏が、さかんに著書でスウェデンボルグを紹介し、一般に再び知られるようになりました。いろいろな霊能者やサイキックなどが霊界のことをさまざまに書いた本が出ています。しかし、スウェデンボルグの事跡をまったくご存知ないスピ系文筆家も見受けられます。霊能者に陥りがちなのは、経験至上主義です。つまり自分の霊体験、霊視体験、霊界体験だけを唯一無二の真実と考えてしまいがちなのです。心霊学、神霊学、これらはみな、歴史的な古典がたくさん存在します。スウェデンボルグの著作もまたこうした古典の一つです。もちろん、エドガー・ケイシーやシルバーバーチ、神智学など、古典的な名著をしっかりと勉強していない人は内容に独善が目立ちます。文献としては四書五経や仏典、神道の古事記や日本書紀、弘法大師や伝教大師の著作も学ぶ必要があるでしょう。ともあれ、スウェデンボルグぐらいは勉強していなければ、霊界の基本も理解できません。

 

生きている時の己の心がそのまま霊界にいった後の世界

死んだら、あの世での新しい暮らしが待っています。そして、あの世は心のあり方がそのまま現実になる世界です。自殺や自傷の結果、死ぬ場合、暗い思考と感情の心で死ぬので、死んだあと、行く世界も、やっぱり真っ暗な地獄のような場所です。明るい心で生きている人が天寿をまっとうすれば明るい天国。暗い心で生きている人が死ねば、暗い地獄。温かい心で死ねば温かい天国。冷たい心で死ねば、冷たい凍りつくような地獄。軽やかな心で死ねば、軽やかな天国。重たい沈んだ心で死ねば、重たいからどんどん下に堕ちて地獄。だから、明るく、軽く、温かく心を保つことが大切。その心で死ぬ時は天国にいけます。生きている時の己の心がそのまま霊界に反映されるのです。今を天国にできない人には死後の天国もありません。今を明るく、軽く、温かくしましょう。今のあなたは暗く、冷たく、重たい心になっていませんか?幽体離脱によって自由に霊界を旅行できたスウェデンボルグ。ベールに隠された霊界の姿を詳細に書き残しています。かつて霊的存在だった人類が霊性喪失し、ふたたび神の境地へと回帰するための道筋。天国、地獄は、生きている時の想念の状態です。死後は想念にふさわしい世界に行くだけです。憎しみ、非難、愚痴は地獄心です。明るく、温かく、軽い心が天国の心です。反対に暗く、冷たく、重い心は地獄の心です。誰かを責めたり批判しているとき心は冷たく重いのです。自殺すれば必ず似たような環境の来世を歩むことになります。試練を生きて乗り越えられるまでこの繰り返しです。なぜ、幸運の星のもとに生まれる人もいれば、不幸の人生の人もいるのか、原因は前世の行為です。今生で人を許し、憎しみを手放さないと、来世でまた親子や夫婦に生まれついて和解の学びを繰り返す運命がめぐるのです。

 

前世で人を苦しめた分だけ苦しみを味わう

前世で他人を幸せにした分だけ今生で幸せになります。どの親のもとに生まれるのか、どんな環境かも前世の行動が原因になってるのです。今の自分の行動や想いは、未来を決めます。ひどい目にあったのは、前世で自分が誰かにその行為をしていたのです。悪口を言われたとしたら、前世で自分が、誰かに言っていたということです。騙されたり酷い仕打ちを私にした人が、私をどん底に落とし、自分だけ幸せになり、なんの咎めも受けずに暮らしているのを見るのが我慢できないという人がいますが、ある一生で他人をだまして自由気ままに悪事を働いた人は、その次の転生では、ま逆の立場に生まれついて不幸に苦しみながら償いをしなければならないのです。生まれ変わりの中で、正確に因果応報が働いています。スウェデンボルグの思想を学ぶことは、霊界法則を学ぶことであり、その思想の根本は、天国は明るい想念の人間がいく世界であるという点にあります。つまり、生きているときの想念の状態が、死後に行く世界を決めているということです。生きている時に、明るく、前向きで、愛に満ちていたら、その死後の世界は、天国と呼ぶべき霊界であり、その反対の生き方であれば、天国にはいけないのです。自殺するときの人間の心は、決して明るくありません。暗いです。生きていることに希望がなく、心が暗いので自殺するのです。さすれば、死後の霊界は、真っ暗闇の地獄界です。絶対に自殺では天国はいけません。

久保征章の著書