医師によるヒプノセラピー・催眠療法・前世療法・インナーチャイルド療法|京都府八幡市「ヒプノセラピー研究所グングニルの工房」

精神科・心療内科通院中の方へ

通院と催眠療法

(※医師+女性看護師にて対応します)

下記の疾患の場合


うつ状態、うつ病、双極性障害、パニック障害、適応障害、神経症(ノイローゼ)、
不安神経症、社会不安障害、性嫌悪症、不眠症といった疾患では、
心理療法としてのヒプノセラピーの併用で改善する場合があります。


現在、精神科あるいは心療内科に通院されている方でも、
ヒプノセラピーを併用することが改善を加速するきっかけになることは多いです。



自分が催眠状態に入れるかどうか不安が強い方や、
妊娠中の方、統合失調症にて幻覚がある方の場合は、
運命改善・自己実現カウンセリングコースをお勧めします。


⇒ 運命改善・自己実現カウンセリングコース



不安のある方は、下記のご相談フォームからお問い合わせ頂ければ、
ヒプノセラピーが適した状態かどうかを判断させて頂くことも可能です。


まずは無料メールセミナーをおすすめします。


  

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆





統合失調症について


統合失調症の治療には、強い作用の薬を飲み続けなければならないとされています。
特に幻覚、幻聴が出ている時の統合失調症では、顕在意識、潜在意識のバランスが不安定になっています。


このため、幻覚、幻聴が強い時には催眠療法はできません。
薬物療法で、幻覚、幻聴が消えている安定した状態であれば、ヒプノセラピーは可能です。


ただし、一般的に統合失調症の方は、催眠に入りにくい傾向があります。
幻覚や幻聴が邪魔をして、まったく催眠に入れないケースもあります。
この点をご了承のうえ、お申込み下さい。


なお、医師に統合失調症と診断されていても、実際にはそうではない事例も多々見受けられます。
実は発達障害の二次障害、三次障害としての症状を統合失調症だと診断されている人々が
非常に多いのです。これは発達障害を専門に扱う医師達も同意見である事実です。


発達障害に気づくと、その後の治療がまったく変わってくるため、現在、統合失調症と診断されている人は、
一度、セカンドオピニオンとして他の医療機関での診断を受けてみられることをおすすめします。
その場合、発達障害について詳しい医師に相談されることがのぞましいでしょう。
発達障害であれば、催眠療法は可能であるケースが多いです。


自分が催眠状態に入れるかどうか不安が強い方や、
妊娠中の方、統合失調症にて幻覚がある方の場合は、
運命改善・自己実現カウンセリングコースをお勧めします。


⇒ 運命改善・自己実現カウンセリングコース



  

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆






以上の内容に関して、さらにご不明な点がある場合、また、この他のケースについては、下記のご質問・ご相談フォームにてお問い合わせ下さい。

  ご質問・ご相談フォーム(←クリックして下さい)


⇒⇒ 東京方面からお越しの場合こちらをクリック

セラピー

精神科・心療内科に通院している方へ|医師によるヒプノセラピー(催眠療法・前世療法)エントリー一覧

薬に頼らずメンタルを治すSNS

うつ、パニック、不安に代表されるメンタルの疾患は、そのほとんどが、生活環境のなかでの、人間関係、心のコントロールができないこと、人間関係を適切に処理できないこと、を発端に発症しています。統合失調症や双極性障害であっても、その症状の悪化や発症の発端は、家庭や職場や学校での人間関係での問題から起きていま...

続きを読む

精神科医療の限界

精神科・心療内科の分野では、「病因⇒病態⇒臨床像⇒治療法⇒治療効果判定」といった従来の疾患モデルをイメージすると、多くの精神疾患を理解できなくなるのです。「診断病名にすべての意味が内包されるものではない」「診断する医師により診断病名が異なることは珍しいことではない」「病態の変化に応じて、診断病名も変...

続きを読む

メールカウンセリングの意味

世の中には、いろいろな本もありますし、ブログやメルマガもあります。そこでは、精神科医やそのほかの医師や、あるいは心理カウンセラーが、メンタルヘルスを語っています。何冊か本を読むと、また同じ言葉が出てきたと感じる人も多いでしょう。しかし、それでも、人は治らず、あいかわらず精神科通院しています。十年も二...

続きを読む