前世からの因果応報とこの世の富の関係

催眠

親の遺産が数千万も入ってくる家の子にあなたが生まれたとしたら、それは偶然ではありません。親が裕福で幼い頃から何不自由なく暮らせたのなら、その親の子にあなたが生まれついたのは偶然ではないのです。


それは、前世で、あなたが他者にたくさんの財を施したからです。何らかの形で人に益する行いをしたからです。そして、前世ではその善因善果の果報が十分戻らなかったので、生まれ変わった時にそれが授かっているのです。この世において、何の苦もなく得られるお金というのは、すべて、前世での貯金おろしであることに間違いありません。


これに対して、人の何倍も努力をし、汗をかいて、人や社会に益するものを提供し、一生懸命に仕事をして豊かになるのは、今生でのあなたの善因善果です。この大きな原則がわかっていたら、「引き寄せの法則で、宝くじ一億円をあてるぞ」とか、「仮想通貨で大儲けしてやろう」とは考えないでしょう。もし、宝くじが一億円当選したのなら、それは、あなたの前世の徳分が、一億円という現金に変換されて手元に貯金おろしされたということなのです。


つまり、それまでは運勢という無形のエネルギーで蓄えられていたものが、物質化してしまったということです。宝くじに限らず、仮想通貨やFX、あるいは投機的な株取引でも同じです。何の苦もなく巨額のお金を手にするということは目に見えない世界ではこのようなことになっているのです。だから、宝くじ高額当選してから急に病死したり不運に陥る、という現象があるのです。


これはお金に限ったことではありません。引き寄せるぞといって、幸せな何かを引き寄せたら、それが苦労や努力の成果でなく、棚ぼた式であればあるほど、前世からの徳分を消費して幸せに変換しただけなのです。例えば、良い人と結婚できたり、子宝を授かるだけでも前世からの徳分が消費されています。人はこうやって前世の徳分をおろして幸せを手にし、前世の負債を清算して苦しみや不幸を味わうのです。


そして、この世で新たに積み重ねていく積善、積不善があらたに貯金と借金をこしらえて、運勢の流れに修飾を加えているのです。この仕組みがわかれば、マネーゲームや一攫千金的な、虚業的なものに手を出すことを慎み、社会に益する価値を提供していく実業に励み、積善を行いながら、豊かになっていく道を選ぶのがもっとも幸せになれる人生の歩み方であるとわかるのです。


マネーゲームで一時的に豊かになっても、その徳分がすべて消費された時から転落が始まります。結果的に晩年に大変な目に合うことになるでしょう。一方、もし、世のため人のためにと思って、我が事を離れて、大義に生きて精進努力していく道を貫くなら、その至誠と無視無欲の「度合い」に応じて、天佑神助という形で「天運」を授かることになります。この「天運」は前世からの自分の持越しではありません。自分というエゴを離れて大義に生きると神仏と一体となるので、


まさに「頂きっぱなし」「もらいっぱなし」の本当の意味での「天運」を授かり、運勢にゲタをはかせてもらえることになるのです。すると前世の徳分が足りなくても、敗者復活戦のごとく人生に大成功し、偉業を成し遂げる生涯を創造できるということです。神様と二人三脚で生きる人には、神様の応援があるのです。神様にささげた生き方をしていると神様があなたを支え、助け、引き上げて下さるのです。この生き方を完全に会得できる教材がこちらです。


◆「神伝トリニティ願望成就法〜前世療法の医師が教える秘奥義」
「神伝トリニティ願望成就法」


無料メールセミナーもおすすめします。

セラピー
TOPへ