厄年と開運の関係

厄年とは、男性では25歳、42歳、61歳、女性では19歳、33歳、37歳とされ、
この時期に人生における試練や災いがおこりやすいとされています。
それぞれその年の前年を前厄、後年を後厄と呼んでいます。
厄年の作用のほんとうの意味は、因果応報の調節です。この時期がいわば中間決算にあたるわけです。


厄年をむかえるまでに、いっしょうけんめいに生きてきた人、世のために人のために、
善なる行いを積み重ねてきた人、才能を根気よく磨いてきた人、
このような人にとっては、厄年は「けじめの年」となります。


つまり、この時期に前後して、それまで閉ざされていた運勢が開いていくのです。
自己実現や理想の実現が結実していく時期です。


その逆に、それまで他人を苦しめてきた人、悪事ばかりを重ねてきた人、
才能を磨く努力を何もしてこなかった人においては、厳しい査定がなされます。
前世で犯した罪のつぐないがまだ残っている場合にも試練はやってきます。


多くは、罪をつぐなうための試練や災難がふりかかってきます。
また、遊惰安逸に生きてきた場合は、軌道修正を迫られる厳しい環境がめぐってきます。


なお、この世で残忍な犯罪を犯して、世に知られることなく逃げても、
死後の世界と来世では、逃げようのない形で必ず、相応のあがないをすることになります。
「天網恢恢疎にして漏らさず」です。


このような厄年の作用が強く出て来るのは、先にあげた複数の厄年のすべてにおいてありますが、
とりわけ、強烈に出るのが男女ともに42歳から43歳にかけての時期です。
その次は男女とも60歳前後にかけてです。


そのため、この時期までに前世療法を一度は受けておくことをおすすめします。
厄年の試練や災いを未然に防ぐための努力の方向性を知ることができるからです。


つまり、運命の軌道修正をあらかじめ行うことで、自己の命運を良き方向へ変えるのです。
魂のガイドからのアドバイスが、あなたの人生を負け組みから勝ち組に飛躍させてくれることでしょう。


セラピーの流れ

セラピー
TOPへ