医師によるヒプノセラピー・催眠療法・前世療法・インナーチャイルド療法|京都府八幡市「ヒプノセラピー研究所グングニルの工房」

催眠療法の原理は、職場のメンタルヘルスの改善に活用できる

労災自殺者は、気分障害による自殺が多いことが
わかっています。気分障害とは主にうつ状態です。


うつ状態での自殺は三月に多く、また曜日では月曜日に多く、
これは勤務の状況によるものと考えられます。
月曜日は仕事の始めであり、三月は移動の季節です。


発病から自殺にいたるまでの期間は半年以内が多いことがわかっています。
つまり、早期発見がメンタル不全の対応ではもっとも重要であるということです。


自殺は1998以降、年間三万人以上が続いていましたが現在はそれよりやや減少しています。
交通事故での死亡者数は年々減少して、六千人台になっており、憂慮すべき事態です。
自殺の場合は死なずに救命された人を含めると、その三倍はあると推定されています。


職場のメンタルヘルス対策では、自殺予防の啓蒙も重要です。
講習会などの啓蒙活動を通じて、理解を深め、すべての社員に周知徹底していく必要があります。


管理職などのストレス過重の環境にある人への啓蒙活動は特に大切になります。
経営者側がこうした問題を理解しないと、管理職を守ることは難しいからです。


パワハラやモラハラが職場環境を悪化させる大きな原因ですが、
こうした問題の解決のためにも、心の健康についての啓蒙活動が必要なのです。


職場のメンタルヘルスの重要な点は、すべての勤務者を対象としているということです。
精神的に異常をきたした人が対象ではなく、職場の全員が対象です。
つまり、すべての社員が健やかに生き生きと働く環境づくりです。


自分ひとりが元気でも同じ部署の誰かがメンタル不全で休職すれば、
その影響を自分も受けることを考えれば、これは当然のことです。


生涯の中で、うつ病を経験するのは16人に一人です。
6.3パーセントの日本人が、生涯の中でうつ病を経験しているのです。


最近五年間で、精神障害による労災認定を受けた数は、七倍にもなっています。
そしてメンタル不全で休職している人がいる事業所は、60パーセントを超えました。


パワハラ、モラハラによる被害で優秀な社員が会社を去ったり、うつ病で長期に休職して
しまう事例が多発しています。こうした問題を解決していくためには、
人権教育や、法令順守の啓発はもちろん必要ですが、メンタルヘルスや心理学の知識を普及させて、
すべての社員の心の健康、メンタルヘルスを守っていく必要があります。


そのためにも、職場内にメンタルヘルスを啓蒙する部署を設けて、
啓蒙活動を行うことが急がれます。すべての会社に総務や経理があるように、
メンタルヘルスを守り啓蒙する部署が必要になってきたのです。


そして、催眠療法の原理や、潜在意識の仕組み、
効果的なコミュニケーションの方法を知って対人関係に活かす
人材教育が、会社の業績をあげて、繁栄に導くということが理解され始めているのです。


 

職場のメンタルヘルス関連エントリー

精神神経免疫学とヒプノセラピー
精神神経免疫学とヒプノセラピーの関連性についての情報とまとめています。
依存症からの脱出
さまざまな依存症についてのヒプノセラピーの立場からの解決方法についてまとめています。自分ではどうしようもない悩みを解決するには。
恋愛依存症の克服
恋愛依存症やセックス依存症について、ヒプノセラピーを活用した解決方法についてまとめています。
愛着障害とパーソナリティ障害
愛着障害とは適切な愛情を受けられないことでおこるさまざまな症状。パーソナリティ障害は人格発達の未熟な状態を基礎とし、さまざまなタイプがあります。
インナーマザー
インナーマザーとは、心のうちにある母親的副人格のことですが、自分を非難し、批判し、束縛し、否定するような負の影響力をもつものです。
発達障害と愛着障害
発達障害と診断される中のかなりの割合が実際には愛着障害であることがわかってきました。さらに発達障害も環境や養育の要因で改善することもわかってきたのです。
依存症と境界性パーソナリティ障害
依存症になる背景と境界性パーソナリティ障害について
人間形成障害
人間形成が不完全にしかできていないことが原因で心身症や人格障害がおこる。人間形成障害を克服する方法について。
認知の歪み
心の苦しみをみずから生み出してしまう思考の偏りのことを認知の歪みといいます。その種類と対策について。
恋愛依存症とパーソナリティ障害
幸せな恋愛が営めなくなる恋愛依存症を改善するために理解しておくべきパーソナリティ障害について。
心身症は催眠療法でよくなる
心身症とは心が原因で体に病気がおこるものをさし、多くの疾患がその範囲に含められています。その改善のための方法について。
情緒不安定性パーソナリティ障害
さまざまなメンタルの不調をひきおこす情緒不安定性パーソナリティの改善の方法。
オキシトシンと愛着障害
愛着障害の発症に深くかかわっているオキシトシンの働きについてまとめました。
精神科医療の現状と問題点
精神医学のかかえる大きな問題点について検討し、これからの医療のあるべきす姿を考察します。
適応障害
適応障害の治療においても催眠療法は有効な治療法となります。
うつ病の治し方
うつ病は心理療法で改善させるほうが根本的です。催眠療法などの心理療法は、うつ病の改善に効果的です。
パニック障害と催眠療法
パニック障害を根本的に治すためには、物事への反応の仕方や受け取り方を変えていくことで、さまざまな心理的な葛藤を除去しなくてはなりません。
双極性障害
かつて双極性障害は、躁うつ病と呼ばれていました。一回以上の躁病期間があるのが特徴の疾患です。
うつ病やパニック障害の催眠療法
催眠療法では、うつ病やパニック障害を引き起こすきっかけになった認知の歪みを解除します。
反社会性パーソナリティ障害
社会の平穏を乱す大きな問題を生み出すのが反社会性パーソナリティ障害です。
新型うつ病
新型うつ病は心理療法の効果が出やすい疾患です。
運動や食事とメンタル
運動や食事もメンタルヘルスに大いに関係しています。
メンタルヘルスとアンチエイジングの食事
食事療法もメンタル疾患の改善には有益です。正しい食事療法を実践すればアンチエイジングも達成され、健康になり若返り心も健やかになります。