医師によるヒプノセラピー・催眠療法・前世療法・インナーチャイルド療法|京都府八幡市「ヒプノセラピー研究所グングニルの工房」

オキシトシン分泌の低下が愛着障害を発生させる

オキシトシンというホルモンは、授乳や分娩に重要な働きをしている
ホルモンであり、乳汁分泌ホルモンなどと呼ばれてきました。


このホルモンは男女ともにその情緒の安定に欠かせない必須の
ホルモンであることがわかってきたのは最近のことです。


幼児期に親に愛情深く接触され言葉をかけられ抱擁されることで、
オキシトシンは子どもの脳内に分泌されます。


接触している時間、かかわっている時間が長ければ長いほど多くの
オキシトシンが分泌され、それを感受するための受容体も増加します。


こうして育った子どもは成人後も恋愛関係や家族関係において、
愛する相手との信頼関係を構築することができ、安定した人間関係を
維持できるようになります。


この反対に、親の愛情的なかかわりの時間が少なくなればなるほど、
オキシトシン分泌は低下し、受容体も増加しないままとなります。


こうして育った子どもが愛着障害となるのです。
「見捨てられ不安」「自己重要感の欠如」「否定的思考」などを
特徴とする、愛着障害はこのようにして発生します。


そして、この愛着障害の傾向のある人の何割かが、人格障害を発症するのです。
境界性人格障害が増加している背景は、実は愛着障害の増加にあります。


また最近の研究によれば発達障害の傾向がある子どもが、愛着障害も伴うと、
その症状が重篤になることもわかってきました。


生まれながらの発達障害でも、愛着障害を予防することで、症状が
軽度でおさまり、治癒していくケースもあることも判明してきたのです。


このような事実を知ると、愛着障害の予防がいかに重要なことかわかります。
そして、今、政府などが行っているゼロ歳児保育の促進や、
一歳児、二歳児などを早期の保育所へ預けることが、


実はいかに危険なことであるかもわかるのです。
母親との接触時間、愛情をもって育てられる時間が影響するのに、
その貴重な時間を、母親以外の誰かに面倒を見させることは大きな
リスクです。


それは愛着障害になる子どもを確実に増やすことで、
結果的に、人格障害を増加させ、発達障害は悪化させていることに
なるからです。


もし、少子化対策をするのであれば政府は、むしろ、母親が
子どもが三歳を超えるまで家庭でいっしょに暮らせる時間が
長くとれるように、援助や支援をするべきなのです。


子どもを保育所に預けて母親はどんどん働けというのは、
オキシトシンの働きを熟知すれば、絶対に言えないことです。


日本において、人格障害や発達障害が増加している背景は、
早期に子どもを保育所に預けることが大きな要因であることは
間違いありません。


愛着障害の改善に前世療法は大きな助けとなります。

セラピーの流れ


 

オキシトシンと愛着障害関連エントリー

精神神経免疫学とヒプノセラピー
精神神経免疫学とヒプノセラピーの関連性についての情報とまとめています。
依存症からの脱出
さまざまな依存症についてのヒプノセラピーの立場からの解決方法についてまとめています。自分ではどうしようもない悩みを解決するには。
恋愛依存症の克服
恋愛依存症やセックス依存症について、ヒプノセラピーを活用した解決方法についてまとめています。
愛着障害とパーソナリティ障害
愛着障害とは適切な愛情を受けられないことでおこるさまざまな症状。パーソナリティ障害は人格発達の未熟な状態を基礎とし、さまざまなタイプがあります。
インナーマザー
インナーマザーとは、心のうちにある母親的副人格のことですが、自分を非難し、批判し、束縛し、否定するような負の影響力をもつものです。
発達障害と愛着障害
発達障害と診断される中のかなりの割合が実際には愛着障害であることがわかってきました。さらに発達障害も環境や養育の要因で改善することもわかってきたのです。
依存症と境界性パーソナリティ障害
依存症になる背景と境界性パーソナリティ障害について
人間形成障害
人間形成が不完全にしかできていないことが原因で心身症や人格障害がおこる。人間形成障害を克服する方法について。
認知の歪み
心の苦しみをみずから生み出してしまう思考の偏りのことを認知の歪みといいます。その種類と対策について。
恋愛依存症とパーソナリティ障害
幸せな恋愛が営めなくなる恋愛依存症を改善するために理解しておくべきパーソナリティ障害について。
心身症は催眠療法でよくなる
心身症とは心が原因で体に病気がおこるものをさし、多くの疾患がその範囲に含められています。その改善のための方法について。
情緒不安定性パーソナリティ障害
さまざまなメンタルの不調をひきおこす情緒不安定性パーソナリティの改善の方法。
精神科医療の現状と問題点
精神医学のかかえる大きな問題点について検討し、これからの医療のあるべきす姿を考察します。
適応障害
適応障害の治療においても催眠療法は有効な治療法となります。
うつ病の治し方
うつ病は心理療法で改善させるほうが根本的です。催眠療法などの心理療法は、うつ病の改善に効果的です。
パニック障害と催眠療法
パニック障害を根本的に治すためには、物事への反応の仕方や受け取り方を変えていくことで、さまざまな心理的な葛藤を除去しなくてはなりません。
双極性障害
かつて双極性障害は、躁うつ病と呼ばれていました。一回以上の躁病期間があるのが特徴の疾患です。
うつ病やパニック障害の催眠療法
催眠療法では、うつ病やパニック障害を引き起こすきっかけになった認知の歪みを解除します。
反社会性パーソナリティ障害
社会の平穏を乱す大きな問題を生み出すのが反社会性パーソナリティ障害です。
職場のメンタルヘルス
職場の対人関係や仕事上の問題に苦しんで、休職せざるを得ないほどの心の苦悩を抱える人が増えています。職場のメンタルヘルスの啓蒙が重要です。
新型うつ病
新型うつ病は心理療法の効果が出やすい疾患です。
運動や食事とメンタル
運動や食事もメンタルヘルスに大いに関係しています。
メンタルヘルスとアンチエイジングの食事
食事療法もメンタル疾患の改善には有益です。正しい食事療法を実践すればアンチエイジングも達成され、健康になり若返り心も健やかになります。