医師によるヒプノセラピー・催眠療法・前世療法・インナーチャイルド療法|京都府八幡市「ヒプノセラピー研究所グングニルの工房」

人間形成障害と精神疾患

愛着障害や人格障害は、幼児期から思春期にかけての生育環境の中で、
さまざまな心理的ストレスを受ける中で形成されてしまいます。


このとき、成熟した円満な人格への成長が閉ざされて、未完なままの人間形成が
なされている状態があります。


このことを包括的に、人間形成障害と呼ぶことがあります。
思春期の心理的ストレスが大きいと、脳神経の発達のアンバランスが生じ、
成人してからの、うつ病などの発症の一因になることがわかっています。


これは、ストレス耐性が育っていないということを意味します。
人間形成障害とは、人生におけるさまざまなストレス、言い換えれば試練への
抵抗力が不完全なまま大人になった状態であるのです。


すると、恋愛における挫折、仕事の上下関係での挫折、学業や資格取得での挫折など、
人生にしばしば直面する困難に対して、それを乗り越えることができず、心が折れてしまいやすいのです。


これを再び、育てなおすことが、メンタル疾患を改善させるための基礎的な作業になります。
自分をとりまく周囲の現象をとらえる受け止め方を改善する代表が認知行動療法です。


例えば、二分割思考は、白か黒か、どちらか両極端に考えてしまう思考のクセです。
実際にはグレーゾーンのほうがほとんどなのですが、未熟な人間性から、敵か見方か、
成功か失敗か、損か得かといった見方しかできない状態になっているものです。


また、過度の一般化とは、わずかな経験からすべての結論を導いてしまう思考のクセです。
一度の挫折で自分の可能性をあきらめてしまったりするのです。
あるいは身近な一事例をみて、それが世間のすべてであるかのように思い込んだりします。


また、選択的抽象化とは、悪い部分を拡大評価し、良い部分は過小評価してしまう思考のクセです。
このような傾向があると何でもマイナス的、ネガティブに受け取るのでたえず心理ストレスを受けます。


そして、教義的思考とは、なになにすべきであるとか、なになにしてはいけないといった、禁止命令や
義務感が過剰に働いて、自分をがんじがらめにしていく思考のクセです。
心の中にゆとりがないので、いつも生きにくさを抱えることになります。


認知行動療法の場合は、これを時間をかけたカウンセリングで改善していくのですが、
催眠療法の場合には、これを前世体験や過去体験などの物語的体験を通じて、
潜在意識の中における意識の変容をストレートに導きます。


例えるなら、禅などにおける「見性体験」(一瞬で、真理を悟って、意識が覚醒する体験)
に近い感覚で、思考のクセがひっくり返ります。そのため、カウンセリングに比べて、即効性が
あるというメリットがあります。


催眠療法への疑問と回答

 

人間形成障害関連エントリー

精神神経免疫学とヒプノセラピー
精神神経免疫学とヒプノセラピーの関連性についての情報とまとめています。
依存症からの脱出
さまざまな依存症についてのヒプノセラピーの立場からの解決方法についてまとめています。自分ではどうしようもない悩みを解決するには。
恋愛依存症の克服
恋愛依存症やセックス依存症について、ヒプノセラピーを活用した解決方法についてまとめています。
愛着障害とパーソナリティ障害
愛着障害とは適切な愛情を受けられないことでおこるさまざまな症状。パーソナリティ障害は人格発達の未熟な状態を基礎とし、さまざまなタイプがあります。
インナーマザー
インナーマザーとは、心のうちにある母親的副人格のことですが、自分を非難し、批判し、束縛し、否定するような負の影響力をもつものです。
発達障害と愛着障害
発達障害と診断される中のかなりの割合が実際には愛着障害であることがわかってきました。さらに発達障害も環境や養育の要因で改善することもわかってきたのです。
依存症と境界性パーソナリティ障害
依存症になる背景と境界性パーソナリティ障害について
認知の歪み
心の苦しみをみずから生み出してしまう思考の偏りのことを認知の歪みといいます。その種類と対策について。
恋愛依存症とパーソナリティ障害
幸せな恋愛が営めなくなる恋愛依存症を改善するために理解しておくべきパーソナリティ障害について。
心身症は催眠療法でよくなる
心身症とは心が原因で体に病気がおこるものをさし、多くの疾患がその範囲に含められています。その改善のための方法について。
情緒不安定性パーソナリティ障害
さまざまなメンタルの不調をひきおこす情緒不安定性パーソナリティの改善の方法。
オキシトシンと愛着障害
愛着障害の発症に深くかかわっているオキシトシンの働きについてまとめました。
精神科医療の現状と問題点
精神医学のかかえる大きな問題点について検討し、これからの医療のあるべきす姿を考察します。
適応障害
適応障害の治療においても催眠療法は有効な治療法となります。
うつ病の治し方
うつ病は心理療法で改善させるほうが根本的です。催眠療法などの心理療法は、うつ病の改善に効果的です。
パニック障害と催眠療法
パニック障害を根本的に治すためには、物事への反応の仕方や受け取り方を変えていくことで、さまざまな心理的な葛藤を除去しなくてはなりません。
双極性障害
かつて双極性障害は、躁うつ病と呼ばれていました。一回以上の躁病期間があるのが特徴の疾患です。
うつ病やパニック障害の催眠療法
催眠療法では、うつ病やパニック障害を引き起こすきっかけになった認知の歪みを解除します。
反社会性パーソナリティ障害
社会の平穏を乱す大きな問題を生み出すのが反社会性パーソナリティ障害です。
職場のメンタルヘルス
職場の対人関係や仕事上の問題に苦しんで、休職せざるを得ないほどの心の苦悩を抱える人が増えています。職場のメンタルヘルスの啓蒙が重要です。
新型うつ病
新型うつ病は心理療法の効果が出やすい疾患です。
運動や食事とメンタル
運動や食事もメンタルヘルスに大いに関係しています。