前世療法|医師によるヒプノセラピー・催眠療法・遅行催眠・インナーチャイルド療法|京都府八幡市

 

医師によるヒプノセラピー・前世退行を受けてみたい方へ

前世

※一日お一人様のみの医師による施術で高いクオリティを追求しています

【目次】
当施設のセラピスト・久保征章について
あなたはこのような問題で悩んでいませんか?
医師が行う安全な催眠
前世療法は医師から受けるのが最善
催眠・前世療法の効果
潜在意識の活用法と前世と今生の間に働く法則
潜在意識と現実を統合する医師によるアドバイス
理想実現までの道のりを平坦にする
催眠で深く潜在意識とつながって自己を癒す
催眠よりも重要!医師が解き明かす前世と因果の仕組み
下記にひとつでもあてはまるならぜひご検討ください。

 ●マインドフルネスやアファメーションでは改善しなかった。

 ●恋人依存・恋愛依存・同棲や結婚でいつも失敗する・愛着障害。

 ●「うつ病」「パニック障害」「強迫性障害」「認知の歪み」と医師に言われた。

 ●精神科や心療内科に通院しても改善しない・薬をやめたい。

 ●引きこもり・不登校・いじめ・仲間はずれ・SAD(社会不安障害)と診断された。

 ●ストレスで体調を壊している・過労死が怖い・燃え尽き症候群。

 ●人間関係で困難を抱えている・上司のパワハラ・嫁と姑の不和・夫婦の不和。

 ●仕事がうまくいかない・天職が見つからない・勉強が手につかない。

 ●恋愛がうまくいかない・理想の恋人に出会えない・異性の友達ができない。

 ●不妊症・子宝に恵まれない・ED・セックスレス・性の不一致。

 ●親子の確執・家族の不和・壁を感じる・共依存・束縛が強い・親を憎んでいる。

 ●タバコ、酒、過食などの依存・パチンコ依存症・買い物依存症・OD(薬の大量服用)。

 ●西洋医学や東洋医学の治療を受けているが身体疾患が改善しない・手術が不安。

 ●生きがいが感じられない・リストカット・死にたい・自殺を考えている。

 ●亡くなった子供、親、伴侶、友人、ペットが忘れられない・身内が自殺した。

 ●仕事やビジネスで成功したいのになかなか叶わない・成功者になりたい・自己実現したい。

 ●カウンセラーや占い師、霊能者に傷つくような言葉を告げられ不安になった。

 ●現在の問題が自分の前世と関係があるような気がする、自分の前世を知りたい。

 ●ソウルメイトが知りたい。前世の縁や因果を知りたい。

 ●40歳、50歳を過ぎて、「私の人生は何だったのか」と思い始めている。

 ●「引き寄せの法則」や「自己催眠」を実践しているが幸運が引き寄せられない。

 ●新興宗教やスピリチュアル系では何も改善しなかった。

 ●過去に他の施設で受けたことがあるが良い結果が得られず、医師から受けたいと思っている。



医師が行う安全な催眠


催眠療法とは心理療法の一種で、催眠誘導によって、患者の意識を潜在意識とつなげるものです。さまざまな問題(詳しくはこちらをクリック)について、潜在意識にアクセスして有効な解決策を引き出し、解決の端緒を開くことができます。


潜在意識から問題解決の方法を探り、あなたの悩みや痛みや悲しみ、つらい気持ち、行き詰った心を癒し、心の活力をよみがえらせます。(催眠には、インナーチャイルドセラピーや前世退行など、いろいろな種類があります。)潜在意識の働きはとても強力です。催眠状態で働きかけると、通常の意識下での努力ではどうしても不可能だった願望でも実現可能にします。本人が思いもつかなかった視点、解決策、ものの見方、そして情報をもたらしてくれます。


前世療法は医師から受けるのが最善


前世という概念を介して、人生における問題を解決する新しい視点をもたらします。適切な方法で行うと大きな効果が発揮できるセラピーであり、前世療法を本来の高い成果をあげられるレベルで施術できる医師は極めて少ないのです。通院中であったり、精神科の内服薬を飲んでいたり、身体的な症状や疾患をお持ちの方もおられますが、ヒプノセラピー研究所では、医師でありヒプノセラピストである久保征章の施術で催眠療法を実施しておりますので安心して受けたい方にもおすすめです。


催眠や前世に関心があるが催眠そのものへの不安が強い方や、セラピーを受ける上で健康の不安を抱える方も、医師による施療で安心して催眠の施術を受け、過去への退行や過去生への退行を体験できるのです。心身症とよばれる身体疾患は数多くありますが、その改善の促進に役立ちます。通院中の方も安心して受けて頂けます。


当施設では、催眠に限らず、医学知識に基づく健康上のアドバイスや医師としての経験を活かした心理カウンセリングも併用したセラピーを提供しております。

(京都府八幡市に立地しています⇒アクセス


催眠・前世療法の効果


対人関係や家族関係の悩みの場合、前世での自分と相手との関係性と因縁を知り、今生ではその関係をどのようにしていくべきかということを悟り、進むべき道を明らかにします。すると、行動が変わり、物事の受け止め方が変わるので、結果的に人生が良い方向へと変わっていきます。ものの観方、考え方が大きく変わり、性格と運命も改善するのです。


今回、生まれてきた自分のテーマ、目的を悟ると、これから死ぬまでの後半生での自分のなすべき事柄、やっておくべきテーマが明確になります。すると、迷いや不安がなくなり、苦しみが軽減したり、新たな希望が湧いてきたりします。つまり、内発的に人生の目的が明確化され、心のエネルギーが回復します。


自分のスピリチュアルガイドに会い、アドバイスを受けて、進むべき方向性を確認すると、守っている存在とつながりが強化されて、あらゆる面で運勢が向上するというメリットもあります。自己実現への道が大きく開かれるのが、大きな特徴です。


潜在意識の活用法と前世と今生の間に働く法則


特に愛着障害(幼児期の両親との問題や兄弟姉妹、祖父母などとの問題)がある場合、両親との前世での関係を明らかにする中で、問題解決の突破口を開いていくのです。下記の無料メールセミナーで自分で自分を癒し治す方法の概要が学べます。久保征章が潜在意識の働きから治療の仕組み、詳細までわかりやすく解説しています。

セラピー

この無料メール講座を読むだけで悩みが解決したというお便りもいただいています。
【心を癒やし、強くする、潜在意識完全活用マニュアル】
10回のメールで潜在意識の活用法を基礎から学べます。
受けようかどうか迷っておられる方は、まず、メール講座で学んでみてください。
詳細はこちら(★購読はすべて無料です★)


潜在意識と現実を統合する医師によるアドバイス


自分で限界を設けない限り、あなたが幸せになる道に限界はありません。もし、愛着障害、パーソナリティ障害、発達障害、不安障害などと医師に告げられても、それだけで、あなたのすべてが決まってしまうわけではないのです。診断名よりも、むしろ、○○ができないと思っている「思い込み」が問題です。自分が決めつけている「思い込み」(これは悪い暗示にかかった状態と同じです))をどうすれば、解除できるかです。自分で自分に制限をかけるのをやめる決意ができると人生は大きく好転します。


行き詰る原因は自分にあり、それは「適切な行動をしない」からです。「できない理由探し」、「悲観的な予言」の繰り返し、これらはすべて「認知の歪み」です。根拠のない間違った思い込みで縛られている人は非常に多いのです。潜在意識の無限の引き寄せの力があるので、人生は思ったとおりに展開します。思い込みを変えないままにしていると、まるで悪い催眠にかかったように、好まないものが引き寄せられてしまいます。


人生は思ったとおりに展開しますから、自分が制限を設けない限り、人生に限界はありません。できないと思うからできない、できると思うからできる。この真理が本当の意味でわかると人生が変わります。前世の因果を実体験すると、この意味が深いところで実感できるようになります。


理想実現までの道のりを平坦にするセラピー


ものごとが形をなすまでには、どうしても一定の時間が必要です。もし、潜在意識へのプラスの暗示や肯定的宣言をあなたが実践し始めたとしても、これから、善なるものが形をなすためには、その実現化のための時間が必要なのです。そこで、想念が現実化するまでの「待ち時間」をいかに短くできるかが勝負です。短くする方法は、「喜んで忍耐し、喜んで努力する」という取り組み方になります。


未来において実現する幸せな状況について、明確な信念を抱くからこそ、喜んで待てるのです。あせりや不安が出たり、苦しむのは、未来の幸せを確信しないからです。自分の幸せな未来のビジョンを見る体験ができると、心に希望が湧いて、努力することが喜びに変わります。


下記の無料メールセミナーでセラピーの概要を知ることができます。潜在意識の働きから解説しています。
潜在意識完全活用マニュアル


催眠で深く潜在意識とつながって自己を癒す


前世療法とは、催眠状態で患者の過去世を体験させるものです。その効果には、非常に素晴らしいものがあるという意見がある一方、技術レベルの低いセラピストによる安易なセラピーの結果、良い効果が得られない場合もあります。技術と経験のある医師の催眠誘導によって初めて、前世の記憶は、現実の問題解決に統合され、活かされます。受けた人の多くが、催眠状態の中で、意識のブレイクスルー現象を体験する結果、前世と今生の意味を悟り、人生の苦難や行き詰まりを乗り越えて、開運し、幸せをつかんでいるのです。


前世という存在の真偽を検討することは難しいかもしれませんが、催眠に取り組む医師が増えてくる中で、アメリカの精神科医、ブライアン・ワイス医師が著書の中で、前世療法の効果を提唱して以来、世界中の催眠に携わる医師たちの中に、前世療法を取り入れる人が増えてきました。医療経験のある医師から受けることが、催眠を安全に活用する最善の選択肢です。


催眠よりも重要!医師が解き明かす前世と因果の仕組み


特に、前世と今の自分との間に存在する因果応報の法則が大切であり、この理解が深まると、潜在意識のパワーを引き出せるようになるのです。いわゆる自己暗示、引き寄せの法則などとも関連しています。前世の自分と現在の自分との間にいかなる関連があるのかを理解できると道が開けていきます。前世について理解が深まると、メンタルの世界の法則のすべてが、一本の糸でつながったようになり、あらゆる疑問が氷解したという感想をもたれる方も多いです。


※名称「グングニル」の由来について…北欧神話の神、オーディンが持つ槍「グングニルの槍」は、
狙ったものを必ずつらぬくとされ、願望実現、理想実現のシンボルです。久保征章は医師として臨床経験を積む中で、医師が行う催眠療法の重要性を深く実感するようになり、医師から催眠療法が受けられるヒプノセラピー研究所を開設するに至りました。
※前世という概念は、セラピーの中でのものであり、宗教的概念をおしつけるものではありません。しかし、前世あるいは因果応報という仕組みを思考に含めることは、意識のブレイクスルーにつながります。
※医師による催眠誘導なら、病気を抱える人も安心して前世退行などの施術を受けて頂くことができます。