医師によるヒプノセラピー・催眠療法・認知行動療法・インナーチャイルド療法|京都府八幡市「ヒプノセラピー研究所グングニルの工房」

認知の歪みと認知行動療法

認知の歪みとは、間違った思い込みのことをさすことばです。
何事も100パーセントでないと気がすまないのが二分割思考です。


全か無か、白か黒か、敵か味方か、成功か失敗か、損か得か。
このようにいろいろな物事を、両極端に考えてしまう思考の歪みです。


たとえば、ダイエットをしようとして、一度でもサボってしまうと、もう失敗だと
決め付けて、努力をあきらめてしまったりします。


それまで親しかった友達と、少し意見が食い違うと、とたんに「あいつは敵だ」と
言い出して関係を断ち切ったりします。
このため、人間関係が円滑に構築できず、心を許せる友達ができません。


過度の一般化という認知の歪みは、過去に体験した失敗や挫折を根拠に
それを物事すべてに当てはめて結論を一足飛びに出してしまう思考の歪みです。


これから行うことについては、まだやってみなければわかりませんが、最初から、
どうせ失敗するに決まっている、どうせうまくいくはずがないと結論を出して、
前向きなチャレンジを避けようとします。


そのため、人生で成功体験が積めず、いつまでたっても自分に自信が持てないままです。
何かを習得しなければならない局面でもちょっとしたミスを経験すると「またダメだった」と
やる気を失ってしまうため、人間的成長の機会をみずから失う結果になります。


また、物事の悪い面ばかり見て、否定的に考えることが得意で、
良い面に目をむけるのは苦手なのが、選択的抽象化という思考の歪みです。
できていることもあるにもかかわらず、できていないことばかりに目をむけてしまいます。


そして、「〜すべき」「〜してはいけない」という義務と禁止が思考の中心になるのが、
教義的思考という思考の歪みです。

決めたことを少しでも破ってしまうと、とたんに罪悪感が生まれて、負い目を感じます。
そのため、自己重要感がいつも低く、セルフイメージとして、能力不足を感じたり、そのものさしで
他人をも裁くため、非常に狭量になったりします。


こうした認知の歪みは、学んだり誰かに指摘してもらいながら、自問自答を繰り返して、修正していくのが一般的です。
これが、認知行動療法をはじめとするカウンセリングの手法です。


一方、修正を瞬間的な悟りによって一気に遂げさせるために、前世体験や過去体験を物語として味わい、
過去、現在、未来の時間軸の中での因果律を認識して、飛躍的に意識を変容させるのが、
催眠療法なのです。


その中でも、自分の過去世、前世にもどって、生まれ変わりの世界を経験しながら、魂としての自己を認識し、
それまでの狭い世界から、脱皮し、意識のパラダイムを転換させるのが前世療法です。


前世療法への疑問と回答

 

認知の歪み関連エントリー

精神神経免疫学とヒプノセラピー
精神神経免疫学とヒプノセラピーの関連性についての情報とまとめています。
依存症からの脱出
さまざまな依存症についてのヒプノセラピーの立場からの解決方法についてまとめています。自分ではどうしようもない悩みを解決するには。
恋愛依存症の克服
恋愛依存症やセックス依存症について、ヒプノセラピーを活用した解決方法についてまとめています。
愛着障害とパーソナリティ障害
愛着障害とは適切な愛情を受けられないことでおこるさまざまな症状。パーソナリティ障害は人格発達の未熟な状態を基礎とし、さまざまなタイプがあります。
インナーマザー
インナーマザーとは、心のうちにある母親的副人格のことですが、自分を非難し、批判し、束縛し、否定するような負の影響力をもつものです。
発達障害と愛着障害
発達障害と診断される中のかなりの割合が実際には愛着障害であることがわかってきました。さらに発達障害も環境や養育の要因で改善することもわかってきたのです。
依存症と境界性パーソナリティ障害
依存症になる背景と境界性パーソナリティ障害について
人間形成障害
人間形成が不完全にしかできていないことが原因で心身症や人格障害がおこる。人間形成障害を克服する方法について。
恋愛依存症とパーソナリティ障害
幸せな恋愛が営めなくなる恋愛依存症を改善するために理解しておくべきパーソナリティ障害について。
心身症は催眠療法でよくなる
心身症とは心が原因で体に病気がおこるものをさし、多くの疾患がその範囲に含められています。その改善のための方法について。
情緒不安定性パーソナリティ障害
さまざまなメンタルの不調をひきおこす情緒不安定性パーソナリティの改善の方法。
オキシトシンと愛着障害
愛着障害の発症に深くかかわっているオキシトシンの働きについてまとめました。
精神科医療の現状と問題点
精神医学のかかえる大きな問題点について検討し、これからの医療のあるべきす姿を考察します。
適応障害
適応障害の治療においても催眠療法は有効な治療法となります。
うつ病の治し方
うつ病は心理療法で改善させるほうが根本的です。催眠療法などの心理療法は、うつ病の改善に効果的です。
パニック障害と催眠療法
パニック障害を根本的に治すためには、物事への反応の仕方や受け取り方を変えていくことで、さまざまな心理的な葛藤を除去しなくてはなりません。
双極性障害
かつて双極性障害は、躁うつ病と呼ばれていました。一回以上の躁病期間があるのが特徴の疾患です。
うつ病やパニック障害の催眠療法
催眠療法では、うつ病やパニック障害を引き起こすきっかけになった認知の歪みを解除します。
反社会性パーソナリティ障害
社会の平穏を乱す大きな問題を生み出すのが反社会性パーソナリティ障害です。
職場のメンタルヘルス
職場の対人関係や仕事上の問題に苦しんで、休職せざるを得ないほどの心の苦悩を抱える人が増えています。職場のメンタルヘルスの啓蒙が重要です。
新型うつ病
新型うつ病は心理療法の効果が出やすい疾患です。
運動や食事とメンタル
運動や食事もメンタルヘルスに大いに関係しています。
メンタルヘルスとアンチエイジングの食事
食事療法もメンタル疾患の改善には有益です。正しい食事療法を実践すればアンチエイジングも達成され、健康になり若返り心も健やかになります。