医師によるヒプノセラピー・催眠療法・前世療法・インナーチャイルド療法|京都府八幡市「ヒプノセラピー研究所グングニルの工房」

自己暗示とアファメーションについて

自己暗示とは、自分に対して、自分自身が暗示を入れる行為をさす言葉です。
自己暗示というと特別な行動をするように
思う人もいますが、実際には日常生活のあらゆる場面で、私達は無意識に自己暗示をしています。


独り言、つぶやきも自己暗示です。
言葉に出さなくても、心で思うことも自己暗示です。
潜在意識に思考と感情がインプットされ、その内容に応じたものがアウトプットされる。


この潜在意識に作用はいつでも働いていて休むことがありません。
プラスの自己暗示は、能力向上、理想実現など有益な効果を生み出しますが、
マイナスの自己暗示は、自縄自縛して自滅の道に引きずり込んでしまいます。


自分の成功や開運を自分自身に宣言することを
アファメーションといいますが、これも自己暗示です。
ふだんの無意識の自己暗示の方向性をマイナスからプラスへ変換するという効果があります。


仏教やキリスト教などで食事の前に祈りの言葉を
唱えますが、あれも一種のアファメーションなのです。


肯定的で発展的で楽天的で意欲的な言葉が
独り言やつぶやきのほとんどを占めるように訓練することが、自己暗示の基本です。
ふだんの自分の思考について意識して観察し、マイナスの言葉やつぶやきが多くなっていないか、


愚痴や不平不満ばかりになっていないか、
自分へのダメだしばかりしていないか、チェックしてみることをおすすめします。


それらのつぶやきすべてが自己暗示となり自分自身を支配しています。
問題があれば、それが解決されるにはどうすればよいのかを見ていくのです。
どうすれば良くなるのか、そこに意識をフォーカスしましょう。
このような思考のきりかえのきっかけとして、ヒプノセラピーを活用することは有益です。

自己暗示とアファメーション関連エントリー

自殺企図と前世療法
自殺企図をもつ人にとって前世療法はどのような意味をもつのか、その思考を変える仕組みについて。
未来療法(未来巡行)と未来世療法
前世療法の中でも未来世療法や未来巡行のもつ効果と、その適応範囲について。
感謝と努力、どっちが大切?
感謝することが大切であるといろいろな人が主張していますが、感謝と努力のどちらが大切なのでしょうか。
マイナスのカルマとプラスのカルマ
因縁とか、カルマの負債などと呼ばれる「マイナスのカルマ」をどのようにして乗り越えていけばいいのか、その深い理解の仕方について
カルマの法則の存在意義とは?
因果応報の法則とも呼ばれるカルマの法則が存在する意味について、その本質を理解することで、これを善用できるようになります。
類は友を呼ぶの法則
人間関係における人の縁を左右する「類は友を呼ぶの法則」の意味と活用方法について
過去の記憶を消してしまいたい人へ
過去の嫌な記憶を前世療法、未来世療法、インナーチャイルド療法によって解除する方法について
胎内記憶と前世記憶
胎内記憶とは、生まれる前の記憶のことであり、母胎内に宿る際から出産までの体験である。前世記憶とは、前世を覚えている子供達の研究が知られる。
日本における催眠療法の現状
前世療法、催眠療法を行う医師が日本にはほとんどいません。精神科医や心療内科医もまだまだ催眠療法を活用するところまでいかないようです。
言霊と医学
言霊の思想は日本独自のものですが、自己暗示や潜在意識に通じるものがあります。神道によって形成されてきた言霊の考え方は今日の私たちにも有用です。
白隠禅師
白隠は、江戸時代の禅僧で浜松の人です。広く庶民の中に入り、迷える人たちを救おうと高い志で活動をされました。禅の思想は認知行動療法に通じるところがあり、マインドフルネスにも通じています。
丹波哲郎と霊界研究
霊界について日本人に広く普及する大きな功績があった丹波哲郎さんについてまとめています。
吉田松陰
吉田松陰は幕末の人物で高潔な生き方をした偉人です。その足跡を学ぶことは魂を磨くことについて理解を深めてくれます。
霊界は実在するのか?
霊界は存在するのか、という議論についてはさまざまな角度から論争がなされてきましたが現在も科学でそれを証明するには至っていません。
催眠療法士の国家資格の創設を
催眠療法士の国家資格が創設されることがこれから必要になってくると考えています。
前世療法から見た離婚や夫婦の問題
前世療法からこの世での男女の縁の意味を知ることができます。離婚する夫婦、終生まっとうする夫婦の違いとは?
アドラー心理学と前世療法
前世療法はアドラー心理学の主張ときわめて重なる人生哲学を教えてくれます。
スポーツ心理学
スポーツ心理学は脳科学と重なる領域を含み、主に健常者を対象としていますが、本来はすべての人に適応する原則を説いています。
スピリチュアルガイドについて
前世療法でスピリチュアルガイドの導きを受けたいと考える人が増えているようですが正しく実態を理解しないとかえってマイナスとなります。
カルマ取りの儀式でカルマはとれない
霊的能力者に依頼して自分のカルマをとってもらったというような話をしばしば見聞しますが、これは百%ありえないことです。その理由とは?