医師によるヒプノセラピー・催眠療法・前世療法・インナーチャイルド療法|京都府八幡市「ヒプノセラピー研究所グングニルの工房」

因果応報の法則(カルマの法則)の存在する理由

多数の前世療法を症例のデータを分析することで導き出される、
因果応報の法則(カルマの法則)の存在する理由は、
愛を学び、実践していくためにそれが必要であるためである可能性が濃厚です。


そこで、「宇宙と意識」について考えていきますと、
拙著でも書いたように意識は全人類でつながっているといえます。


他人にしていることは自分にしていることなのです。
自分にしていることは他人にしていることなのです。


つまり自殺と他殺はその意味では同義です。カルマ的な影響力(罪の重さ)は同じです。
しかし、それが返ってくる出方が違います。


前世療法の症例を多数みていくと、
他殺のカルマは、自分が他人に殺される機会にみまわれる因縁になります。
自殺のカルマは、自分が再び自殺する機会にみまわれる因縁になります。


ここで注意してほしいのは、「機会にみまわれる」と書いている点です。
運命は傾向としてあっても決定されているわけではありません。


そのイベントがおきる天機までの本人の自分磨き(魂を磨く)や、
信仰心などにより、現実化するかどうか、変わってきます。
大難が小難にふりかえられるチャンスがたえずあります。


運命とは決して変えられないものではありません。
潜在意識のパワーを正しく活用できるなら、不運や不幸を挽回して、
災い転じて福と成すことは、誰にでも可能です。


それは因果応報の法則を正しく理解し、これを最大限に善用することでもあります。
法則を正しく運用することで自己実現、理想の実現、願望成就ができるのです。


いろいろ苦労や試練があっても最終的におおいに幸せになって満足できる最期を
迎えることができたなら、その人生は大成功といってよいはずです。


セラピーメニュー


カルマの法則の存在意義とは?関連エントリー

自殺企図と前世療法
自殺企図をもつ人にとって前世療法はどのような意味をもつのか、その思考を変える仕組みについて。
未来療法(未来巡行)と未来世療法
前世療法の中でも未来世療法や未来巡行のもつ効果と、その適応範囲について。
感謝と努力、どっちが大切?
感謝することが大切であるといろいろな人が主張していますが、感謝と努力のどちらが大切なのでしょうか。
マイナスのカルマとプラスのカルマ
因縁とか、カルマの負債などと呼ばれる「マイナスのカルマ」をどのようにして乗り越えていけばいいのか、その深い理解の仕方について
類は友を呼ぶの法則
人間関係における人の縁を左右する「類は友を呼ぶの法則」の意味と活用方法について
過去の記憶を消してしまいたい人へ
過去の嫌な記憶を前世療法、未来世療法、インナーチャイルド療法によって解除する方法について
自己暗示とアファメーション
自己暗示をうまく使いこなせば、行動修正や性格改善ができます。なかなか直らないクセを直したり、学業や運動などの能力開発をしたりも可能です。
胎内記憶と前世記憶
胎内記憶とは、生まれる前の記憶のことであり、母胎内に宿る際から出産までの体験である。前世記憶とは、前世を覚えている子供達の研究が知られる。
日本における催眠療法の現状
前世療法、催眠療法を行う医師が日本にはほとんどいません。精神科医や心療内科医もまだまだ催眠療法を活用するところまでいかないようです。
言霊と医学
言霊の思想は日本独自のものですが、自己暗示や潜在意識に通じるものがあります。神道によって形成されてきた言霊の考え方は今日の私たちにも有用です。
白隠禅師
白隠は、江戸時代の禅僧で浜松の人です。広く庶民の中に入り、迷える人たちを救おうと高い志で活動をされました。禅の思想は認知行動療法に通じるところがあり、マインドフルネスにも通じています。
丹波哲郎と霊界研究
霊界について日本人に広く普及する大きな功績があった丹波哲郎さんについてまとめています。
吉田松陰
吉田松陰は幕末の人物で高潔な生き方をした偉人です。その足跡を学ぶことは魂を磨くことについて理解を深めてくれます。
霊界は実在するのか?
霊界は存在するのか、という議論についてはさまざまな角度から論争がなされてきましたが現在も科学でそれを証明するには至っていません。
催眠療法士の国家資格の創設を
催眠療法士の国家資格が創設されることがこれから必要になってくると考えています。
前世療法から見た離婚や夫婦の問題
前世療法からこの世での男女の縁の意味を知ることができます。離婚する夫婦、終生まっとうする夫婦の違いとは?
アドラー心理学と前世療法
前世療法はアドラー心理学の主張ときわめて重なる人生哲学を教えてくれます。
スポーツ心理学
スポーツ心理学は脳科学と重なる領域を含み、主に健常者を対象としていますが、本来はすべての人に適応する原則を説いています。
スピリチュアルガイドについて
前世療法でスピリチュアルガイドの導きを受けたいと考える人が増えているようですが正しく実態を理解しないとかえってマイナスとなります。
カルマ取りの儀式でカルマはとれない
霊的能力者に依頼して自分のカルマをとってもらったというような話をしばしば見聞しますが、これは百%ありえないことです。その理由とは?