医師によるヒプノセラピー・催眠療法・前世療法・インナーチャイルド療法|京都府八幡市「ヒプノセラピー研究所グングニルの工房」

精神科・心療内科の現状と限界について

精神科・心療内科の分野では、
「病因⇒病態⇒臨床像⇒治療法⇒治療効果判定」
といった従来の疾患モデルをイメージすると、多くの精神疾患を理解できなくなるのです。

 

 

「診断病名にすべての意味が内包されるものではない」
「診断する医師により診断病名が異なることは珍しいことではない」
「病態の変化に応じて、診断病名も変化していく場合がある」

 

 

「同一病名であっても、治療法や周囲に望まれるアプローチはケースにより異なる」
「診断書においては、診断病名よりもその内容にこそ意義がある」
「精神的不調がすべて精神科疾患になるわけではない」

 

 

精神科医療での特徴は、通常の内科や外科の場合と大きく違うのです。
糖尿病や脳梗塞の診断が医者ごとに違うことなどありえません。

 

 

薬についても、同様で、例えばSSRIとして知られるセロトニンを強化する
タイプの薬では、うつや不安はとれるが、
どんどん「意欲」がなくなる場合も多いという問題点を抱えたまま。

 

 

アモキサンなどノルアドレナリンを強化するほうの
薬では、やがて「焦燥感が出過ぎる状態」となってしまう。
セロトニン、ノルアドレナリンなどの話も
仮説の域を出ておらず矛盾点が多いこと。

 

 

診断方法が、伝統的診断と操作的診断の二通りあり、
どちらにもそれぞれ矛盾があること。

 

 

現状を知れば知るほど、従来型の
医者任せでは、危険でさえあることがみえてくるのです。
そして彼らは心理療法には疎く、

 

 

認知行動療法は、保険診療が認められたものの、
保険点数が低いために、取り入れている医療機関が少ないという状況。

 

 

その他の心理療法、つまり家族療法やNLP、催眠療法
などは、ごく一部の医師が理解しているというのが現状です。

 

 

そして結論として、やっぱり、患者自身の思考、ものの考え方が変わらないと、
良くならないのです。

 

 

病気からの解放とヒプノセラピー

 

⇒⇒ 東京方面からお越しの場合こちらをクリック

精神科医療の限界関連エントリー

薬に頼らずメンタルを治すSNS
回数無制限のメールカウンセリングで心を癒し、心を強くし、病気を改善させて、人生を幸せに導く
メールカウンセリングの意味
メールカウンセリングで全国どこにいても心を速やかに癒し、強くたくましいメンタルを育てて人生をたてなおす