医師によるヒプノセラピー・催眠療法・前世療法・インナーチャイルド療法|京都府八幡市「ヒプノセラピー研究所グングニルの工房」

前世療法の歴史

前世療法の歴史

催眠療法(ヒプノセラピー)は、アメリカでは1958年に米国医師会が
有効な治療法として認めた方法です。
これは、精神科医ミルトン・H・エリクソン博士(1901〜1980)などの功績によるものです。


ヒプノセラピーには、退行催眠といって
過去の記憶を催眠状態でさかのぼって問題解決の方法を探るセラピーがあります。


過去の記憶をさかのぼるセラピーは、
当初は、幼児期の記憶を思い出すというものでした。
実際、多くのケースでは、幼児期の記憶を思い出すセラピーは有効です。


これは幼児期に形成された観念やトラウマが、
現在の症状や問題点の原因になっていることが多いためです。


催眠状態において、この記憶を前世にまでさかのぼらせることが可能であるということが、
アメリカの精神科医、ブライアン・L・ワイス博士や、
カナダ・トロント大のフロイト派の精神科医、ジョエル・ホイットン博士によって提唱されました。


そして前世を知ることが、現在の人生の問題解決を促進するということが
明らかになるにつれ、前世の実在性の問題はさておき、
セラピーとしての有効性が認められるようになってきました。


1988年にブライアン・L・ワイス博士が出版した著書『前世療法』が、
世界的なベストセラーになったことがきっかけとなって、
アメリカを中心に急速にこのセラピーが普及しました。


前世療法は、日本でも、精神科の医師であるワイス博士の著作が
翻訳出版されたことがきっかけで、次第に広まってきたのです。


催眠療法そのものが、日本の医学界でほとんど普及していない状況の中、
前世療法を実践する医師はきわめて少ないというのが日本の現状です。


ヒプノセラピー予約
↑クリックするとセラピーメニューのページにつながります。


 

前世療法の歴史|医師によるヒプノセラピー(催眠療法・前世療法)エントリー一覧