電話やスカイプでの催眠は危険行為です

催眠

【質問】
電話やスカイプなどの遠方でも可能でしょうか?


【回答】
患者様を直接、診療できない状況で、催眠暗示の誘導を行うことは、医療的に危険行為であり、医師であれば、絶対にこのような行為は行うことはありません。巷の自称、催眠療法士(この名称は国家資格ではありません)がいかに危険行為を平然としているかということがこのことでもわかるということです。



【質問】
仮名でも可能でしょうか?


【回答】
仮名を使用する時点で、医師と患者の信頼関係は存在し得ないと思いますので有効な催眠療法はできないと考えます。そのために医師法では守秘義務が定められ、医療行為において、知りえた患者の秘密を守秘することを明記されています。


⇒⇒ 東京方面からお越しの場合こちらをクリック

セラピー
TOPへ