医師によるヒプノセラピー・催眠療法・前世療法・インナーチャイルド療法|京都府八幡市「ヒプノセラピー研究所グングニルの工房」

退行催眠の歴史

歴史

催眠療法(ヒプノセラピー)は、アメリカでは1958年に米国医師会が有効な治療法として認めた方法です。
これは、精神科医ミルトン・H・エリクソン博士(1901〜1980)などの功績によるものです。さまざまな症状の患者をエリクソン博士は治療しています。その膨大な業績にアメリカ医師会も動いたのです。


退行催眠は、過去の記憶を催眠状態でさかのぼって問題解決の方法を探る誘導法です。過去の記憶をさかのぼる誘導は、当初は、幼児期の記憶を思い出すというものでした。幼児期の記憶を思い出す誘導法で一定の効果が得られる場合も多くあり、インナーチャイルドを癒す誘導法としても応用されています。これは幼児期に形成された観念やトラウマが、現在の症状や問題点の原因になっていることが多いためです。しかしながら、これだけでは問題解決に至らないケースもあり、この手法の有効性を疑問視する専門家も出てきました。


精神科医などの医師が有効性を提唱

催眠状態において、記憶を前世にまでさかのぼらせることが可能であるということが、アメリカの精神科医、ブライアン・L・ワイス博士や、カナダ・トロント大のフロイト派の精神科医、ジョエル・ホイットン博士によって提唱されました。こうした前世記憶を思い出すことができるという手法そのものは、それ以前から知られていましたが、精神科医などの医師がこれを有効であると認め、書籍も出したのです。そして前世を知ることが、現在の人生の問題解決を促進するということが明らかになるにつれ、前世の実在性の問題はさておき、セラピーとしての有効性が認められるようになってきました。幼児期への退行だけでは解決しなかった症状が、前世への退行を施す中で、原因が判明して症状が緩和される症例もあるとわかってきたのです。


1988年にブライアン・L・ワイス博士が出版した著書が、世界的なベストセラーになったことがきっかけとなって、アメリカを中心に急速にこのセラピーが普及しました。日本でも、精神科の医師であるワイス博士の著作が翻訳出版されたことがきっかけで、次第に広まってきたのです。人生の意味を考えたり、産まれてきた目的を考えたり、人間という存在そのものの意義を考えたり、非常に大きな角度から、問題にアプローチする形となるため、それまで解決できなかった問題に新しい視点からの観察が行われ、思考のブレイクスルーが起こるという特徴があります。催眠を治療に取り入れることそのものが、日本の医学界でほとんど普及していない状況の中、実践する医師はきわめて少ないというのが日本の現状です。健康保険も当然ききませんので、自由診療や医療機関外のカウンセリングルームでの施術が中心となっています。


信頼できる医師からの施術が安全

ヒプノセラピストつまり催眠療法士という言葉ですが、医師や看護師や鍼灸師のように国家試験に合格した者だけが付与される名称とは違います。医師であれば、医師免許なく医師活動をすれば、医師法違反です。言語療法士や理学療法士や放射線技師なども国家資格です。しかし、催眠療法士(ヒプノセラピスト)は国の法律の支配を受けていません。きのうまで会社員だった男がある日とつぜん「催眠療法士」「ヒプノセラピスト」をなのって商売をはじめても違法行為になることはないのです。


催眠療法士は、このような事情から、粗製乱造され、安易な資格ビジネスの温床になっているのです。簡単な民間セミナーを受けただけでその組織の与える認定ヒプノセラピストの資格を付与する団体がいたるところにあります。こうして医療経験も臨床経験もないような不勉強なセラピストが生まれ、患者さんに適当なことをいって惑わしてしまう結果になっています。聞いたこともないような民間資格をいっぱいとって肩書きに書きつらねていますが、国家資格や国で認められた学術団体の資格は一つもないという場合は要注意です。


医師による施術が受けられる施設も少しずつ出てきているものの、医師それぞれの解釈の相違があり、どこで受けても同じという状況にはなっていません。問題点も多々あります。どういった項目に気をつけるとよいのかを理解するには、下記の無料メールセミナーを受講して頂くことをおすすめします。

ヒプノセラピー予約
↑クリックするとセラピーメニューのページにつながります。

セラピー

前世療法の歴史エントリー一覧

スピリチュアルガイドについて

前世療法において出現する魂のガイド、スピリチュアルガイドについては、十年以上もその実態を分析し、調査してきて、精神世界の内奥について、一定の見識を得たので、巷の誤解を解くためにも、詳しく解き明かしておきたいと思います。そもそも、スピリチュアルガイドと呼称する時には、クライアントが催眠状態の時に出現す...

続きを読む