因果応報の法則は実在するのですか?

催眠

【質問】

因果応報の法則があるというなら、ひどい仕打ちを私にした人が、自分だけ幸せになり、なんの咎めも受けずに暮らしているのがおかしいです。それに、非の打ち所のない人が、障害者であったり、事故等に巻き込まれた時「それも因果応報、前世の行いが悪いからですよ」となるのでしょうか。障害者は、前世では極悪人でしょうか。また現世でいくら反省しても、過ちを一度行ったが最後、来世の報いがあるならば、来世があるのはあまりにも恐ろしいです。


【回答】

上記は、前世や輪廻転生を知り、因果応報の法則を知った人が持つ最初の疑問です。ここでは、前世療法的な因果応報の法則という立場で回答します。(以下を信じられない人は、一つの世界観、宇宙観の提示と受け取って下さい。)まず、本当に因果応報があるなら、悪事をして栄えている人はなんなのかという疑問について。


因果というのは結果が出たり、報いが来るのに機が熟さないといけません。その機は生まれ変わりの節目であるし、この世とあの世の移行期です。死後にいわゆる「暗闇の世界」であがない、残り分は来世、来々世でもあがないます。もうひとつは、一生の中でも厄年やライフサイクルというのがあります。厄年やライフサイクルの節目というのは因果の帳尻があう天機なのです。厄年で大病を患ったり、試練に会って苦しむのがこれです。逆に厄年から大開運する人もいます。これまで苦労を重ねた人などにみられます(一生に数回あります)。


次に因果応報で苦しむ人を見たら、「あなたが悪いので当然の報いだ」と冷淡になるのかという話について。もし、こんなふうに不運不幸で苦しむ人を見下す人物がいたら、その人は因果の法則が何もわかっていない人です。自分が他人を見下すなら、差別するなら、今度は自分にそのような立場が必ず巡ってくるのが因果の法則なのですから。


「いかなる人にも慈悲の心を忘れてはいけない」ということです。不運に苦しむ人や、健康問題やその他の不幸で困っている人がいたら、マザー・テレサのように、人の中に神を見、自分なりに、その神に奉仕する心で愛を実践するのが正道です。因果応報にはプラスの側面もあります。むしろ、こちらの方が重要です。愛を実践し、他者を幸せにする生き方をしている人にはその積んだ善徳が幸福や幸運になって返ってきます。


今生の内にも機が熟せば返ってきますし、残りは来世の幸福として貯金されます。万一、今生でその努力が報われなくても必ず来世で返ってきます。つまり、死の直前まで「努力」の意味があるということです。このあたりのことは拙著に詳述しています。
⇒ 『前世療法 医師による心の癒し』



質疑応答はご本人様の承諾を得て個人情報を伏せた上で掲載させて頂いております。

セラピー
TOPへ