ヒプノセラピー研究所グングニルの工房|医師によるヒプノセラピー・催眠療法・前世療法・インナーチャイルド療法|京都府八幡市

催眠療法CD

CDを聞いて練習しても効果がありません

【質問】

ワイス氏の催眠療法CDで、
視線恐怖症を改善させようと取り組んでいますが、
効果は見られません。視線恐怖もあり、
好きな人に告白されても傷付くのが怖くて付き合えません。


【回答】

CDはそもそも体験版であり、
本格的に問題解決ができるものではありません。
それなら、ワイス博士の診療もクリニックも存在が不要になり、
CDだけ販売すればどんな問題も解決することになります。


そうではなく、一方通行のCDでない、
対面のマンツーマンのセラピーを受けて、
本当の悩みの原因を詳しく見ていき、
その解決方法を潜在意識から具体的にとりだすという
丁寧で個別の作業をセラピストにしてもらうことが重要です。


CDはセラピストのセラピーにスムーズに入るための
予備練習と考えるべきものです。
また、対面でのセラピーを何度か経験した後であれば、
CDの効果も変わってきます。


CDだけで本に書いてあるような複雑なストーリー、
治療効果が引き出せることはありえません。
なぜなら、あのように具体的に出るのはセラピストがそのつど、
ほりさげて質問したり、問いかけたり、誘導することによって、
細かい情報を拾い上げるからです。


通常のセラピーでは、一回のトランス状態に入って
二時間ぐらいかけて一つか二つの前世と一つの魂のガイド体験ができるぐらいなのです。
実際には個々の症例で変わってきますが。


本の付録や通販の催眠誘導で、長時間流れるCDはなどありませんし、
仮にあったとしても一方的なナレーションのCDではそれは不可能なのです。


CDがまったく無駄というわけではなく、
トランスに入る練習をしたのだと解釈されるとよいかと思います。
それは本番の対面でのセラピーに活かされることになるでしょう。
ぜひ、本物の対面でのセラピーを受けてみられることをおすすめします。


セラピーの詳細はこちら


質疑応答はご本人様の承諾を得て個人情報を伏せた上で掲載させて頂いております。

セラピー
トップへ戻る