頑張らないことは良いことか?

頑張りすぎると、人間の精神は疲弊します。その結果、抑うつ状態になることもあります。このような時には、心を休息させて回復を待たねばなりません。無理にそれを押して頑張りすぎると、うつ病をはじめとするメンタルの病気を引き起こすこともあります。ところが、ひとたび、休息に入ると、人間の心はそれに慣れてしまい、頑張れなくなることが多いのです。


「がんばらない教」には大きな落とし穴が


このため、あまり、いつまでも休息モードに入りっぱなしというのは実は危険なことなのです。どこかでけじめをつけて、再び、前向きに歩きださねばなりません。これができないまま、死ぬまで休息モードで生きてしまった場合、おそらくは死後の世界で、その怠りについて反省しなければならなくなると思います。仮に病気であっても、あるいはメンタルの不調があっても、その中でも少しでも前向きに生きて自分なりに出来る努力を続けて一生をまっとうしたのであれば、何の問題もないでしょう。


向上のチャンスを奪う「がんばらない教」


しかし、少しはできるのに、病気に逃げ込み、言い訳にして、少しもやらなかった場合には、生まれてきたテーマを十分に果たせないまま、一生を終えてしまう可能性があります。そうなれば、その一生は失敗であったことになります。魂にとっては失敗であったという判定が下されます。すると、次の生まれ変わりでは、その分も加算されて、よりしんどい一生を送ることで、足りなかった部分を勉強やりなおさなければならなくなるのです。


がんばる人の輝きは魂の輝き


最近、「がんばらない」とか「努力はしない」といったメッセージをしばしば目にします。これは生まれ変わりの法則を知らぬから生まれる発想です。人間が霊性進化のために輪廻転生している存在である以上、生きていく上での一定の努力、頑張り、向上は必要です。ハンディのある人であっても、その人なりにできることがあるはずです。それさえもやらず、ハンディを逃げ道にして楽な方にばかり行くのは、非常にもったいない人生を送っているといえるのです。


引きこもりから脱出して人生を激変させる三つの癒し


ここに、精神疾患を持ち、引きこもり状態の人がいるとします。彼は引きこもりといっても、趣味もあり、好きなこともあります。小さな世界に安住し、人生をあきらめている様子です。このような人がこのまま社会に埋もれて一生を終えることを防ぎ、この世に生まれてきた本当の目的に気づくように導き、自分への自信を取り戻し自己実現する道があります。


潜在意識と暗示の作用について理解


最初に潜在意識の働きについて理解を深めて、病気が心の在り方により治癒しうるのだということを知って頂きます。そして、認知の歪みを解消していきます。「二分割思考」「過度の一般化」「選択的抽象化」「悲観的予言」「教義的思考」。認知の歪みが存在すると、過去の記憶の間違った解釈や、妄想的なストーリー形成による被害者意識などを繰り返します。そしてマイナス思考にとらわれて、行動しません。また、悪い引き寄せを行い自分を不幸にします。この部分を具体的事例に即して、歪みの解除作業を進めていく必要があります。


薬物や嗜好品への依存状態から脱却する


それと並行して、薬物依存状態から脱出させることが大切です。脳機能の一部を薬物に負担させる薬物依存は、完全な治癒を妨げます。ニコチン依存、アルコール依存の場合も同じです。こうした薬物依存を完治させる必要があります。精神科の薬なら段階的に減薬し、最終的には断薬に至るまで安全に減らす作業をしていく必要があります。精神疾患を持つ人はしばしば独断で無理に減薬をし、悪化します。主治医に相談しながら減薬するように指導し、また減らし方も微量ずつの減薬を説明しても、どうしても思い込みによる独断的断薬をする人がいます。こうした無茶をしても、自己の反省をせず、それさえも、他者のせいにする他責傾向を持つ場合も多いです。また、アルコール依存の場合は、本人の意志で断酒入院するように認知を修正します。ニコチン依存の場合もこれに準じます。「考え方」を変えることが鍵です。


被害者意識と他責傾向は最後まで改善の邪魔をする


被害者意識と他責傾向は、通常の心理療法ではなかなか完治させにくい根強い認知の歪みです。こうした思考の偏りを是正しながら、社会復帰を考えていく段階に入ります。最初は、軽度な作業所や、短期短時間の作業のアルバイトなど本人が受け入れられる内容から取り組んでいきます。そのうち、作業の量や時間が増えていくので、ここにきてようやく自信を取り戻していくことになります。ここまでくれば、社会人として自立できる段階に近づいたといえます。ここからもさらに試行錯誤とチャレンジを繰り返していくように支援していく必要があります。心理療法的な働きかけだけでは時間がかかりますが、前世療法やパワースポット活用法を併用しすることで、これらの治癒過程の進展を促進して、多角的な人生の自己実現を遂げられるようになります。


三つの角度からの癒しを推進することで難治症例でも変容する


潜在意識の仕組みを理解して病気を治したり、性格改善するだけではなく、自分の幸せを自分で引き寄せることができる能力を体得するのです。最終的には自分を救うだけではなく、自分の周囲も幸せにし、日本の国をも素晴らしくしていけるような普遍的信仰心を体得して、揺るぎない人生を歩めるようになります。前世療法とパワースポット活用を併用するとなぜ早く改善するのかといえば、それは、「魂の癒し」を行っているからです。
「治そうメンタルSNS」では、この部分を重視して個別指導しています。従来の心理療法やアファメーション、あるいはマインドフルネスなどは、マインド、つまり「心の癒し」です。それだけではどうしても行き詰るのです。「心の癒し」に加えて「魂の癒し」を行うからこそ、スピーディに改善していくのです。ほんとうは、「心の癒し」(マインドヒーリング)と、「魂の癒し」(ソウルヒーリング)に加えて、「ルーツヒーリング」も行うことで、完全な効果が得られるのです。この三つを総合的に行う「トリニティ・ヒーリング」に関しては下記で学べます。
「神伝トリニティ願望成就法」

TOPへ