医師によるヒプノセラピー・催眠療法・前世療法・インナーチャイルド療法|京都府八幡市「ヒプノセラピー研究所グングニルの工房」

アドラーの主張ときわめて重なる前世療法の思想

アドラーは、ユング、フロイトと並ぶ心理学の三大先駆者であるといわれ、アドラー心理学が日本でも
ブームになっています。アドラーは、過去の原因に縛られるフロイト的な潜在意識論を離れ、
生きる目的を見出して、そこに向かって前進する生き方を説いています。


このようなアドラーの心理学の主張は、実は前世療法の導き出す生き方の指針に
非常に近い内容です。アドラーは、前世療法の教える、前世、今生、来世と続く、
人間の魂の進化の仕組みや、因果応報の仕組み、想念の現実化の仕組みなど、


人間と宇宙の関係を明確には説かず、結論部分である、目的を持って生きることや
人生は自己決定性にもとづいて自らを運命の主人公にすることを説いています。
アドラーの説く共同体感覚のめざめなども、いわば結論をのみ教えている形です。


しかし、前世療法について学んでいくと、これらのアドラーの主張の意味するところが
実にしっくりと整合性をもって納得されるようになります。


なぜなら、魂の永遠性や生まれ変わりを悟り、そこに働く因果応報、想念の現実化の
仕組みを理解し、それらの作用を受けながら永遠に進化し続ける存在が私たちの魂の
本質なのだとわかると、そこから導きだされる生き方の指針は自然とアドラー的にならざるを得ないのです。


アドラー心理学はアドラーの説に共感できる人でないと受け入れられないかもしれませんが、
もし、前世の存在を実感し、そして、今と来世にむかう自分という悟りが得られるなら、
アドラーの主張は何の疑いもなく受け入れられる内容として心に響くようになるのです。


ですから、アドラー心理学に興味がある人やアドラー心理学を勉強されている人こそ、
前世療法を体験して、魂としての自我の本質にめざめることをおすすめします。


しばしば、前世療法は過去の原因を追究するのでアドラー的ではないと誤解されますが、
これは大きな認識不足です。前世療法はたしかに過去からの因果を悟る機会を与えます。
しかし、それは同時に今と未来をどう作り上げるかの指針にもなっているのです。


過去を無視し過ぎるのも間違いであるし、過去に縛られるのも間違いなのです。
過去の本質を理解し、今と未来を変えるための生き方の指針を得るのが前世療法なのであり、
前世療法の本質は、今と未来への解決志向的アプローチにあるのです。


前世や生まれ変わり、そして因果応報や、引き寄せといった概念の助けを得ることなく、
あれだけの生き方の指針に到達したアドラーはやはり天才だと言えるでしょう。
そして、天才でなく凡庸なるわたしたちでも、前世療法を知り、学び、体験することで、


おのずから、アドラーがたどりついた結論に至ることができるのです。
深く理解することで、実践が容易になるという意味においても
前世療法はアドラー心理学の実践者に大いに有益といえるでしょう。


より深く前世療法の仕組みを学ぶには無料メールセミナーをぜひお読みください。
⇒ 無料メールセミナー


 

アドラー心理学と前世療法関連エントリー

自殺企図と前世療法
自殺企図をもつ人にとって前世療法はどのような意味をもつのか、その思考を変える仕組みについて。
未来療法(未来巡行)と未来世療法
前世療法の中でも未来世療法や未来巡行のもつ効果と、その適応範囲について。
感謝と努力、どっちが大切?
感謝することが大切であるといろいろな人が主張していますが、感謝と努力のどちらが大切なのでしょうか。
マイナスのカルマとプラスのカルマ
因縁とか、カルマの負債などと呼ばれる「マイナスのカルマ」をどのようにして乗り越えていけばいいのか、その深い理解の仕方について
カルマの法則の存在意義とは?
因果応報の法則とも呼ばれるカルマの法則が存在する意味について、その本質を理解することで、これを善用できるようになります。
類は友を呼ぶの法則
人間関係における人の縁を左右する「類は友を呼ぶの法則」の意味と活用方法について
過去の記憶を消してしまいたい人へ
過去の嫌な記憶を前世療法、未来世療法、インナーチャイルド療法によって解除する方法について
自己暗示とアファメーション
自己暗示をうまく使いこなせば、行動修正や性格改善ができます。なかなか直らないクセを直したり、学業や運動などの能力開発をしたりも可能です。
胎内記憶と前世記憶
胎内記憶とは、生まれる前の記憶のことであり、母胎内に宿る際から出産までの体験である。前世記憶とは、前世を覚えている子供達の研究が知られる。
日本における催眠療法の現状
前世療法、催眠療法を行う医師が日本にはほとんどいません。精神科医や心療内科医もまだまだ催眠療法を活用するところまでいかないようです。
言霊と医学
言霊の思想は日本独自のものですが、自己暗示や潜在意識に通じるものがあります。神道によって形成されてきた言霊の考え方は今日の私たちにも有用です。
白隠禅師
白隠は、江戸時代の禅僧で浜松の人です。広く庶民の中に入り、迷える人たちを救おうと高い志で活動をされました。禅の思想は認知行動療法に通じるところがあり、マインドフルネスにも通じています。
丹波哲郎と霊界研究
霊界について日本人に広く普及する大きな功績があった丹波哲郎さんについてまとめています。
吉田松陰
吉田松陰は幕末の人物で高潔な生き方をした偉人です。その足跡を学ぶことは魂を磨くことについて理解を深めてくれます。
霊界は実在するのか?
霊界は存在するのか、という議論についてはさまざまな角度から論争がなされてきましたが現在も科学でそれを証明するには至っていません。
催眠療法士の国家資格の創設を
催眠療法士の国家資格が創設されることがこれから必要になってくると考えています。
前世療法から見た離婚や夫婦の問題
前世療法からこの世での男女の縁の意味を知ることができます。離婚する夫婦、終生まっとうする夫婦の違いとは?
スポーツ心理学
スポーツ心理学は脳科学と重なる領域を含み、主に健常者を対象としていますが、本来はすべての人に適応する原則を説いています。
スピリチュアルガイドについて
前世療法でスピリチュアルガイドの導きを受けたいと考える人が増えているようですが正しく実態を理解しないとかえってマイナスとなります。