医師によるヒプノセラピー・催眠療法・前世療法・インナーチャイルド療法|京都府八幡市「ヒプノセラピー研究所グングニルの工房」

この世でやり遂げるべき5つのテーマ

死の間際になって人間がどんなことを思うかを調査した研究者によると、「他人がどう思うか、気にしすぎなければよかった」という後悔は死を目前にした人がしばしば抱く思いだということです。「周りの人に何と言われるか?」というのを気にしすぎて自分の本当にしたい仕事ではない仕事を選んだり、見栄を張ったり、嫌われないため他人の顔色をうかがったり。このような日々は死を迎える時、必ず後悔を生じます。他人の期待に沿うための人生ではなく、自分が思い描く人生を歩めばよかったと後悔する人は多いのです。


あなたが歩んでいる人生は自分の心が望んでいる人生ですか?あなたはどんな人生を実現したいですか?人はやりたい事をやって失敗した後悔よりも、やりたい事をやらなかった後悔の方が大きいものです。60歳過ぎたら、特に大事になってくることですが、すべての年代の人にあてはまることとして、生きているうちに、できるだけ一流の文化や一流の芸術などに触れて体験をしておくことが大切です。たとえば、一流のレストラン、料亭、一流の旅館、ホテル、一流の温泉、観光地、旅行、一流の美術館、一流のコンサート、ミュージカル、一般的には贅沢と理解されているようなものですが、こういうものを一度でもいいので、経験しておくこと、これが魂の観点から重要です。


こういった体験の記憶は魂に焼き付けられ、死後の世界でも再現できます。しかし、もし、未経験だと、それが難しいのです。ただし、前世で経験している場合は出てきます。前世でも未経験、今生でも未経験、魂としては未経験、という場合は、霊界では再現されません。ですから、経験を多くしたほうがいいということです。また、60歳過ぎたら、感動体験、びっくり体験を意識的に増やして、ワンパターンから脱出する工夫が大切です。


ワンパターンな単調な生活は魂の息吹を損ないます。旅行やお出かけのイベントは、単調の打破になります。そして、50代、40代、30代、20代の人にとってもこの原則はあてはまります。切迫度が違うだけであり、本質的には同じです。これは開運する出来事を引き寄せるコツでもあります。新しいこと、新しい場所、新しい人、といったものに触れるとき、前世の記憶が引き出されます。こうした行動の時、開運するような良きご縁と出会うのです。行き詰まりのときほど、家にこもっていないで、出歩く、出かける、人と会う、といった行動を意識的にやっていきましょう。


また、引きこもったまま、社会とほとんどかかわることもなく、自分で何かを生産したり、収入を得たりしたことがあまりなく、誰かの援助に頼り切って生きた場合も、あの世に行ってから、大変後悔するような行先が待っていることも前世療法の研究から明らかになっています。自分の持って生まれた本来の能力を磨き高め、それを社会に還元することをしなかった魂は怠りの罪を犯した魂として評価されることになるのです。死後の世界でたいへんな苦労をし、生まれ変わってもまた、苦労が多くなるのです。このため、生きているうちに少しでも社会とかかわり、社会活動をして、できるだけ自分の労働や生産やサービスによって他者に益する活動をするほうがいいのです。そのことで、利他の働き、積善の行動ができるので、その善徳が死後の世界の行先をより良きものとしてくれることでしょう。また来世、生まれ変わっても良い人生が開けやすくなるのです。


ここまでをまとめると、【1】自分のやりたいことに挑戦する【2】一流のものに触れる【3】新しいことを次々に体験する【4】仕事を通じて社会にかかわり自立する【5】利他の行為で世の中に善徳を積む、の五つのテーマがこの世でやり遂げるべき人類の共通課題だといえそうです。これは魂を磨くために生まれ変わりを繰り返している私たちにとって、魂の進化を加速させる方法だということです。魂の向上には、学問、芸術、信仰の徳を磨くという観点もありますが、先の五つのテーマに着目すると、おのずから、学問、芸術、信仰の要素が磨かれるのではないでしょうか。なお、【4】に関して、専業主婦の場合も、夫の職務を内助で支えることや、子育てに尽力することや、地域のコミュニティでの活動などを通じて、社会にかかわる修業が十分に可能です。


 

生きているうちにやっておくほうがいいこと関連エントリー

自殺企図と前世療法
自殺企図をもつ人にとって前世療法はどのような意味をもつのか、その思考を変える仕組みについて。
未来療法(未来巡行)と未来世療法
前世療法の中でも未来世療法や未来巡行のもつ効果と、その適応範囲について。
感謝と努力、どっちが大切?
感謝することが大切であるといろいろな人が主張していますが、感謝と努力のどちらが大切なのでしょうか。
マイナスのカルマとプラスのカルマ
因縁とか、カルマの負債などと呼ばれる「マイナスのカルマ」をどのようにして乗り越えていけばいいのか、その深い理解の仕方について
カルマの法則の存在意義とは?
因果応報の法則とも呼ばれるカルマの法則が存在する意味について、その本質を理解することで、これを善用できるようになります。
類は友を呼ぶの法則
人間関係における人の縁を左右する「類は友を呼ぶの法則」の意味と活用方法について
過去の記憶を消してしまいたい人へ
過去の嫌な記憶を前世療法、未来世療法、インナーチャイルド療法によって解除する方法について
自己暗示とアファメーション
自己暗示をうまく使いこなせば、行動修正や性格改善ができます。なかなか直らないクセを直したり、学業や運動などの能力開発をしたりも可能です。
胎内記憶と前世記憶
胎内記憶とは、生まれる前の記憶のことであり、母胎内に宿る際から出産までの体験である。前世記憶とは、前世を覚えている子供達の研究が知られる。
言霊と医学
言霊の思想は日本独自のものですが、自己暗示や潜在意識に通じるものがあります。神道によって形成されてきた言霊の考え方は今日の私たちにも有用です。
白隠禅師
白隠は、江戸時代の禅僧で浜松の人です。広く庶民の中に入り、迷える人たちを救おうと高い志で活動をされました。禅の思想は認知行動療法に通じるところがあり、マインドフルネスにも通じています。
丹波哲郎と霊界研究
霊界について日本人に広く普及する大きな功績があった丹波哲郎さんについてまとめています。
吉田松陰
吉田松陰は幕末の人物で高潔な生き方をした偉人です。その足跡を学ぶことは魂を磨くことについて理解を深めてくれます。
霊界は実在するのか?
霊界は存在するのか、という議論についてはさまざまな角度から論争がなされてきましたが現在も科学でそれを証明するには至っていません。
催眠療法士の国家資格の創設を
催眠療法士の国家資格が創設されることがこれから必要になってくると考えています。
前世療法から見た離婚や夫婦の問題
前世療法からこの世での男女の縁の意味を知ることができます。離婚する夫婦、終生まっとうする夫婦の違いとは?
アドラー心理学と前世療法
前世療法はアドラー心理学の主張ときわめて重なる人生哲学を教えてくれます。
スポーツ心理学
スポーツ心理学は脳科学と重なる領域を含み、主に健常者を対象としていますが、本来はすべての人に適応する原則を説いています。
カルマ取りの儀式でカルマはとれない
霊的能力者に依頼して自分のカルマをとってもらったというような話をしばしば見聞しますが、これは百%ありえないことです。その理由とは?
親子の問題と前世療法
前世療法によって親子の葛藤を解消する。
0歳児保育と潜在意識
0歳児保育を推進する政府の方針は、潜在意識という角度から考えると大きな問題をはらんでいます。
愛着障害と心の安全基地
親からの虐待を受けて育つと、愛着障害になることが知られてきましたが、明確な虐待ではなくとも、強い束縛、交換条件、言葉の暴力などを受けることで、多くの人が愛着障害になります。
負の感情を手放す
ネガティブな感情や記憶を手放すために大切なこと。前世療法から学ぶ、意識の切り替え方。
生きがいとエゴ
「ありのままでいい」「わがままでいい」という生き方や「生きがい最優先」のどこが間違っているのかを明確に指摘しました。因果応報の法則と愛念の重要性を知れば、自ずからの節度が底に生まれるのです。