医師によるヒプノセラピー・催眠療法・前世療法・インナーチャイルド療法|京都府八幡市「ヒプノセラピー研究所グングニルの工房」

愛着障害は親との間の愛着形成が不完全

愛着障害とは親との間の愛着形成が不完全なまま育った人にあらわれます。親あるいは親代わりになる大人から、無条件の愛や安全、安心の心の安全地帯を与えられて育つことで、人は、他人との間に健全な愛着関係を形成することができるようになります。つまり、恋愛や結婚において、健全な関係を創造できるのです。親からの虐待を受けて育つと、愛着障害になることが知られてきましたが、明確な虐待ではなくとも、強い束縛、交換条件、言葉の暴力などを受けることで、多くの人が愛着障害になることが明らかになってきました。


軽度のものを含めれば、三人に一人がなんらかの愛着障害をかかえているとも言われています。愛着障害に由来する「見捨てられ不安」や「対人依存」などは、恋愛関係を難しいものにしてしまいます。昔から言われてきた「恋愛依存症」というものの正体が、この「愛着障害」にあることが次第に明らかになってきたのです。これら愛着障害について、正しい知識を得て、理解を深めることで、無意識に抱いていた「見捨てられ不安」や依存的な行動様式を修正することができます。


自覚して、客観視することが、自分の行動の問題点を認識することにつながり、それをきっかけにして、行動様式が変容していくのです。催眠療法の一つに「前世療法」というものがあります。これは前世占いとは違います。催眠状態になると、人間は過去の記憶を自由に思いだすことができます。本人がすでに忘れた数年前のある日の出来事を思い出すことも不可能ではありません。


そのような過去の時間軸へ戻る催眠を退行催眠といいます。前世療法とはこの退行催眠の一つなのです。名前のとおり、前世まで戻る催眠療法です。前世へ戻る方法にはいろいろなアプローチがあります。催眠状態になった自分が、「前世の世界」へつながる階段を降りていく催眠誘導を行うものが一般的です。そして、前世療法は愛着障害の解消にも大きなパワーを発揮できる心理療法です。


「機能不全家族」に育つ場合は「愛着障害」になりやすいのです。「機能不全家族」とは、家族が本来の機能を損なっている状態です。子供には、本来、無条件に保護されたいという欲求があります。子供が育つ家庭で、この無条件の保護、安全、養育が得られないと、子供の無意識の中に、悪い人生脚本ができあがっていきます。これが成長してからの子供の運命をも左右するものとなります。


愛着障害の人の心の中には、「禁止令」と称される無意識の禁止命令がちりばめられています。愛着障害の治療によって禁止令は解除されます。禁止令とは、アダルトチルドレンなどを扱う心理学でしばしば言及されているテーマです.。幼児期に、親からの過干渉、束縛、過剰な支配、価値観の押し付け、といった自由意志の侵害を受け続けることで、心の中に、悪い暗示ができあがるものを指します。


例えば、「私は生まれてきてはいけない子なんだ」「私はダメな子だから幸せになっちゃいけないんだ」「私はほめられるような存在じゃないんだ」「私には何の価値もないから早く死んだほうがいいんだ」このような悪い暗示が心の中にできあがるのです。これは、はっきりと言語化されないまま、漠然としたイメージとして存在している場合も多いです。このマイナス暗示が人生脚本をゆがめ、潜在意識を左右し、人生を操縦していきます。悪い方に誘導してしまうのです。


その結果として、愛着障害が発生し、それが進むとパーソナリティ障害のいずれかの型になって、最終的に、メンタル疾患として診断されていくことも多々あります。この意味においては、すべてのメンタルの不調のその根源には愛着障害があるということになります。禁止命令を解除していくためには、意識して、正反対の言葉を自分に言い聞かせるのです。「私は幸せになっていいんだ。」(鏡をみて自分に)「生まれてきてくれてありがとう」(インナーチャイルドをイメージして)「生まれてきてくれてありがとう。大好きだよ」「あなたは幸せになっていいんだよ」このように毎日毎日、言い聞かせていく必要があります。自覚して行う必要があります。


そして、人から賞賛されたり、ほめられたり、評価されたり、承認されたら、それを素直に受け取るように心がけましょう。「そうじゃない」と叫ばないことです。その人から見たら、私はそう見えるのだな、という感じからでかまいません。拒否せず、素直に受け取ることを練習しましょう。「ありがとう」と言って受け取るのです。それは内心の禁止命令を壊す一つの力となります。ブロックを外すことになるのです。他者をほめることは素晴らしいことですが、賞賛を受ける側に立ったら、感謝して受けましょう。すると、あなたの潜在意識は変り始めます。


幼児期の体験が、「愛着障害」をもたらし、成長してからのストレスをきっかけにメンタルの不調へと発展するケースは多いです。子供に毎日、「生まれてきてくれてありがとう」と声をかけてあげ、しっかりと抱擁して抱きしめてあげることを毎日してあげましょう。そして、「ほめる」「承認する」「共感する」「受容する」ことです。幼少時にこれらの愛情表現を十分に言葉と態度で受けとれない場合、「愛着障害」を抱えてしまい、恋愛や対人関係を歪めてしまうのです。すでにそうなっている人は、前世療法を受けることで、改善の良い流れを生み出すことができます。前世療法はあなた自身の心の中に「心の安全基地」を形成することを促進してくれるのです。

セラピー

 

愛着障害と心の安全基地関連エントリー

自殺企図と前世療法
自殺企図をもつ人にとって前世療法はどのような意味をもつのか、その思考を変える仕組みについて。
未来療法(未来巡行)と未来世療法
前世療法の中でも未来世療法や未来巡行のもつ効果と、その適応範囲について。
感謝と努力、どっちが大切?
感謝することが大切であるといろいろな人が主張していますが、感謝と努力のどちらが大切なのでしょうか。
マイナスのカルマとプラスのカルマ
因縁とか、カルマの負債などと呼ばれる「マイナスのカルマ」をどのようにして乗り越えていけばいいのか、その深い理解の仕方について
カルマの法則の存在意義とは?
因果応報の法則とも呼ばれるカルマの法則が存在する意味について、その本質を理解することで、これを善用できるようになります。
類は友を呼ぶの法則
人間関係における人の縁を左右する「類は友を呼ぶの法則」の意味と活用方法について
過去の記憶を消してしまいたい人へ
過去の嫌な記憶を前世療法、未来世療法、インナーチャイルド療法によって解除する方法について
自己暗示とアファメーション
自己暗示をうまく使いこなせば、行動修正や性格改善ができます。なかなか直らないクセを直したり、学業や運動などの能力開発をしたりも可能です。
胎内記憶と前世記憶
胎内記憶とは、生まれる前の記憶のことであり、母胎内に宿る際から出産までの体験である。前世記憶とは、前世を覚えている子供達の研究が知られる。
言霊と医学
言霊の思想は日本独自のものですが、自己暗示や潜在意識に通じるものがあります。神道によって形成されてきた言霊の考え方は今日の私たちにも有用です。
白隠禅師
白隠は、江戸時代の禅僧で浜松の人です。広く庶民の中に入り、迷える人たちを救おうと高い志で活動をされました。禅の思想は認知行動療法に通じるところがあり、マインドフルネスにも通じています。
丹波哲郎と霊界研究
霊界について日本人に広く普及する大きな功績があった丹波哲郎さんについてまとめています。
吉田松陰
吉田松陰は幕末の人物で高潔な生き方をした偉人です。その足跡を学ぶことは魂を磨くことについて理解を深めてくれます。
霊界は実在するのか?
霊界は存在するのか、という議論についてはさまざまな角度から論争がなされてきましたが現在も科学でそれを証明するには至っていません。
催眠療法士の国家資格の創設を
催眠療法士の国家資格が創設されることがこれから必要になってくると考えています。
前世療法から見た離婚や夫婦の問題
前世療法からこの世での男女の縁の意味を知ることができます。離婚する夫婦、終生まっとうする夫婦の違いとは?
アドラー心理学と前世療法
前世療法はアドラー心理学の主張ときわめて重なる人生哲学を教えてくれます。
スポーツ心理学
スポーツ心理学は脳科学と重なる領域を含み、主に健常者を対象としていますが、本来はすべての人に適応する原則を説いています。
カルマ取りの儀式でカルマはとれない
霊的能力者に依頼して自分のカルマをとってもらったというような話をしばしば見聞しますが、これは百%ありえないことです。その理由とは?
親子の問題と前世療法
前世療法によって親子の葛藤を解消する。
0歳児保育と潜在意識
0歳児保育を推進する政府の方針は、潜在意識という角度から考えると大きな問題をはらんでいます。
負の感情を手放す
ネガティブな感情や記憶を手放すために大切なこと。前世療法から学ぶ、意識の切り替え方。
生きているうちにやっておくほうがいいこと
前世療法からわかるこの世でなすべきことについてのお話です。
生きがいとエゴ
「ありのままでいい」「わがままでいい」という生き方や「生きがい最優先」のどこが間違っているのかを明確に指摘しました。因果応報の法則と愛念の重要性を知れば、自ずからの節度が底に生まれるのです。