医師によるヒプノセラピー・催眠療法・前世療法・インナーチャイルド療法|京都府八幡市「ヒプノセラピー研究所グングニルの工房」

カルマや因縁とはどうすれば取れるのか?

世の中には、カルマ取りの儀式なるものをしている霊能者も多いようです。
インド系やヨガ系のほか、密教系でもあります。ある儀式をすれば、カルマが取れるというのです。
高額のお金を出すことがほとんどです。


このような行動によって、カルマは取れるのでしょうか。
結論から言えば、ほとんど何も変わりません。つまり、カルマはこのような方法では取れません。
カルマや悪因縁というのは、魂の生まれ変わりの中で自分が積み重ねた、積善と積不善の内容です。
それは因果応報の作用を持ちますので、原因があれば、必ず結果が現れます。


この原因を削り取ったり、結果をねじまげたり、ということは、カルマ取りの儀式などでは不可能なのです。
何回このようなものを受けても、意味はないと考えて間違いありません。


カルマの流れを変えたり、悪因縁を解消したりする方法は、自分の積んだ原因に対する結果を
受け取って、あがなうほかはないのです。
誰かを苦しめたら、自分に同じ苦しみがふりかかることで、あがないが起こります。
自分が悪い習慣を作ったり、悪い癖を持ったりした場合も、それを軌道修正するのは、自分の心がけと訓練しかありません。


もし、運命を好転させたければ、新たに自分が良い原因を作り、
その因果応報の作用で運命の流れを軌道修正することしか方法はないということです。
善因善果、悪因悪果の法則が厳然とありますので、善因を作り続けることだけが悪いカルマを取り除く方策なのです。


善因とは何かといえば、それは、ひとつは、利他の行為です。利他とは自分以外の存在のために
善なる行動を積み重ねることを意味します。他を利する善行こそが、自分にもご利益をもたらすということです。


もう一つは、自己の内的修養です。人格涵養、自己訓練によって、自分の悪い性格や悪習慣を
時間をかけて、改めていくことです。これは、何度も挑戦を繰り返して努力するしか道はありません。


このように、利他の行為と、自己の内的修養という積善を新たに積み重ねることによってしか、
過去からのカルマや悪因縁は変更できないのです。
逆にいえば、自己の生き方を改めて、日々、良い種まきを続けていくのであれば、


その因果応報の作用が、過去からの悪い因果応報の作用に修飾を加えて、その現れ方に
微妙な差異をもたらすのです。
それが大難が小難になったり、災い転じて福となすという現象につながるのです。
霊能者やサイキックに依存するのはこの本質を知らぬ人が多いからです。
まさに無知に付け込まれているのです。


一瞬でカルマが消える、瞬間にブロックが消える、悪因縁が抹消される、
波動のエネルギーを送って、運命を変える、などなど、こうした言葉には
決してだまされてはなりません。そんなことでは何も変わらないのです。


また、守護霊の声が聞こえる霊能者というのも要注意です。
本来の守護霊とは日常的にメッセージを霊能者に送ったりといったオカルト現象は現さないものなのです。
そのようなオカルト的な現象を起こすのは、稲荷狐や霊能者の死霊などの邪霊がほとんどです。
霊の声が聞こえる、メッセージが降りてくる、こうした類はすべて偽物と断じて、間違いありません。


邪霊でもそれらしいことを告げてくるので人間は簡単にだまされてしまうのです。
しかし、こうした霊存在とかかわっていると、決して幸せになることはできません。
少し良くなったように見えたとしても、一時的であり、実際には、いつまでたっても、問題は解決せず、ずるずると依存していくことになるのです。

このあたりの詳細については、「久保征章6時間セミナー」をぜひ、お聴きください。

カルマ取りの儀式でカルマはとれない関連エントリー

自殺企図と前世療法
自殺企図をもつ人にとって前世療法はどのような意味をもつのか、その思考を変える仕組みについて。
未来療法(未来巡行)と未来世療法
前世療法の中でも未来世療法や未来巡行のもつ効果と、その適応範囲について。
感謝と努力、どっちが大切?
感謝することが大切であるといろいろな人が主張していますが、感謝と努力のどちらが大切なのでしょうか。
マイナスのカルマとプラスのカルマ
因縁とか、カルマの負債などと呼ばれる「マイナスのカルマ」をどのようにして乗り越えていけばいいのか、その深い理解の仕方について
カルマの法則の存在意義とは?
因果応報の法則とも呼ばれるカルマの法則が存在する意味について、その本質を理解することで、これを善用できるようになります。
類は友を呼ぶの法則
人間関係における人の縁を左右する「類は友を呼ぶの法則」の意味と活用方法について
過去の記憶を消してしまいたい人へ
過去の嫌な記憶を前世療法、未来世療法、インナーチャイルド療法によって解除する方法について
自己暗示とアファメーション
自己暗示をうまく使いこなせば、行動修正や性格改善ができます。なかなか直らないクセを直したり、学業や運動などの能力開発をしたりも可能です。
胎内記憶と前世記憶
胎内記憶とは、生まれる前の記憶のことであり、母胎内に宿る際から出産までの体験である。前世記憶とは、前世を覚えている子供達の研究が知られる。
日本における催眠療法の現状
前世療法、催眠療法を行う医師が日本にはほとんどいません。精神科医や心療内科医もまだまだ催眠療法を活用するところまでいかないようです。
言霊と医学
言霊の思想は日本独自のものですが、自己暗示や潜在意識に通じるものがあります。神道によって形成されてきた言霊の考え方は今日の私たちにも有用です。
白隠禅師
白隠は、江戸時代の禅僧で浜松の人です。広く庶民の中に入り、迷える人たちを救おうと高い志で活動をされました。禅の思想は認知行動療法に通じるところがあり、マインドフルネスにも通じています。
丹波哲郎と霊界研究
霊界について日本人に広く普及する大きな功績があった丹波哲郎さんについてまとめています。
吉田松陰
吉田松陰は幕末の人物で高潔な生き方をした偉人です。その足跡を学ぶことは魂を磨くことについて理解を深めてくれます。
霊界は実在するのか?
霊界は存在するのか、という議論についてはさまざまな角度から論争がなされてきましたが現在も科学でそれを証明するには至っていません。
催眠療法士の国家資格の創設を
催眠療法士の国家資格が創設されることがこれから必要になってくると考えています。
前世療法から見た離婚や夫婦の問題
前世療法からこの世での男女の縁の意味を知ることができます。離婚する夫婦、終生まっとうする夫婦の違いとは?
アドラー心理学と前世療法
前世療法はアドラー心理学の主張ときわめて重なる人生哲学を教えてくれます。
スポーツ心理学
スポーツ心理学は脳科学と重なる領域を含み、主に健常者を対象としていますが、本来はすべての人に適応する原則を説いています。
スピリチュアルガイドについて
前世療法でスピリチュアルガイドの導きを受けたいと考える人が増えているようですが正しく実態を理解しないとかえってマイナスとなります。