厄年から急激に開運する人はどんなことをしてきた人なのか?

42才から43才にかけて、急に運勢が開いていく人がいます。この年齢はいわゆる厄年とされており、この時期に病気や不運に見舞われる人も多いです。厄年とされる年齢は複数ありますが、男女ともにこの42歳前後には、厄年の作用が出やすくなります。こうした厄年の意味とは、因果応報の働きの調整時期です。実際には41才ごろから45才頃まで、特にこの働きが出てきやすいようです。これまで自分が人生で積み重ねてきた行為の中間決算が起こっているのです。そのため、過去に自由奔放にやりたい放題してきた人や、あまり世のため人のためになる行為を積み重ねてこなかった人の場合は、この時期に試練を受けることで、一種のつぐないをすることになります。特に他人を苦しめてきた場合には、その罪をあがなうことになります。もし、厄年にカルマの調整がなされなかった場合には、死後の世界および来世では、逃げられない状況下でその精算がおこります。その意味では生きているうちにつぐないをするほうが救いです。

生きているうちに因果の清算をするほうが幸せ

残忍な事件や犯罪の犯人達で、この世で逃げ延びた者達の末路は恐ろしいものなのです。これは、前世療法で対面する魂のガイド達の共通した見解です。まさに「天網恢恢疎にして漏らさず」です。そして、厄年を迎えるまでに、いっしょうけんめい苦労し、努力し、善徳を積んで、まじめに生きてきた人はどうなるかというと、この厄年が開けるあたりから、爆発的に環境が良い方向に変わっていきます。これまで苦しんだことで、過去世のカルマを精算し、あがないが完了し、その間、なかなか報われない環境で努力したことで人間力、実力が養われましたので、それが厄年から後で、実を結ぶようになっていくのです。成功者の足跡を調べると多くの事例で42歳から43歳に大きな運命の流れの変化があり、その後、数年かけて大きく飛躍していくパターンを見かけることが多い理由はこれです。

前世療法を受けるの最適なタイミング

この時期に先立ち、前世療法を受けて、魂のガイドからアドバイスをもらうと、厄年前後の最適な過ごし方、取り組むテーマがわかり、いっそう素晴らしい形で、開運していくことができるようになります。人生中盤から後半をおおいに充実した幸せなものにしたい人は、ぜひ、厄年までに前世療法を受けておきましょう。また、厄年を過ぎた人も、そこから人生を好転させていくヒントを得るために前世療法を受けることは有益です。こうした因果の清算の節目というのは人生に数回あるようです。いま、順風満帆のようでも、その流れがいつ変化するか、未来のことはわかりません。いつまでも安定しているとは限りません。すべてのものは変わり続けるということは、この宇宙における変わらない真理です。日本列島の形も、大陸プレートも、人間の意識や魂もまた、変わり続けるものです。前世療法によって、未来への指針を得ることができるので、未来の災いを回避する道が開かれます。自分がどう変わっていくべきかを悟ることもできます。

自分を変えるきっかけとしての前世療法

自分を変えることをまるで、自分が消えてしまうことであるかのように恐れる人がいます。しかし、すべてのものが変わり続けるのですから、変わるまい変わるまいと頑張るのは、どうでしょうか。もちろん変えてはいけない伝統や、文化なども世の中にはありますが、それでさえ同じ繰り返しではありません。螺旋階段を上るように少しずつ上昇しているものです。同じところを回っているように見えても、やはり進んでいるのです。そして同じ変わるのであれば、より良き方向へと変わっていきたいものですね。自分をより良き方向へと変えていくことに、積極的になっていくと、人生をもっと主体的に生きられるようになります。本当の意味での、人生の主(あるじ)となるのです。自分がふだんなら選択しない選択肢を選んでみること、それもまた自分を変えていくということです。週に一度だけでも、ふだんとは違う選択肢を選ぶことを習慣化してみませんか?そこから何か新しい「変化」がやってくるかもしれません。同じ繰り返しから脱出し、まったく新しい行動をとってみるのです。ふだん行かない場所にいく、ふだんしないことをする、ふだん会話しない人と会話する…小さなことでも良いです。ぜひ、やってみてください。前世療法の体験もまた、そうした新しい一歩につながります。
 

TOPへ