ヒプノセラピー研究所グングニルの工房|医師によるヒプノセラピー・催眠療法・前世療法・インナーチャイルド療法|京都府八幡市

医師の前世療法・催眠療法〜京都

アメブロでも情報発信中です。
下記をクリックすると、アメブロに移動します。
医師の前世療法・催眠療法〜京都


前世療法とヌミノース体験

前世療法というのは、一種の「ヌミノース体験」です。
「ヌミノース体験」とは、ルドルフ・オットーというドイツの宗教学者が提唱した言葉です。
その意味は、元来は「宗教体験における非合理的な種々の神秘体験」というものでした。
ヌミノーゼ(Numinose)と表記し、ラテン語で「神威」を意味する"numen"から取った言葉です。


現代の臨床心理学の研究者達は、神秘的な体験の非合理的で自我を超えた認識を
「ヌミノース体験」と呼んで研究対象としているようです。


神仏のお姿を幻視したり、仏や神の声を聞いたり、まばゆい光を見るなどの体験です。
これはまさに前世療法においてクライアントさんが体験されているものです。


ヌミノース体験は広くは、音楽や絵画などの芸術に深く感動する体験や、
深山幽谷の中、大自然との一体感を会得するような体験も含んでいます。
これらは宗教的な悟りの体験に非常に似通っています。


ヌミノース体験では、時間が止まっているように感じるとされていますが、
催眠状態に入ると、ほとんどの人が非常にゆっくりとした時間経過を感じます。
三時間の催眠状態も30分に感じられたりします。


前世療法体験は、魂として生まれ変わりを繰り返す、悠久の時を生きる自分を実感し、
神仏や守護霊といった大いなる力に導かれ、守られている自分を感得します。
これは、まさに、ルドルフ・オットーの提唱した「ヌミノース体験」そのものです。


「ヌミノース体験」は、人生の転機をもたらし、人生に前向きに立ち向かう建設的なマインドを
生み出すとされていますが、前世療法はまさしくこのとおりの効果をもたらすものです。
魂としての自分を悟り、深い感動を得て、心が晴れ、それまで苦しめられていた悩みを
一段高い境地から観察できるようになることで、乗り越えていけるようになります。


臨床心理学ではヌミノース体験と呼ばれているこの体験は、禅の修業過程で悟る、
「見性」(けんしょう)の体験とほぼ同じ物であると考えられます。
つまり、前世療法は、私たちに一種の、見性の体験をもたらす、といってもよいでしょう。

割引価格でセラピーを受ける方法

雑誌・メディアへの掲載はここをクリック

セラピスト・ブログ関連エントリー

メディア掲載
マキノ出版の「ゆほびか」「ゆひぼかGOLD」に久保征章の製作したCDおよび特集が掲載されています。